昭和37年ブログ

昭和37年生の、昭和37年生による、昭和37年生のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

図書室にGO! 2

図書室探訪の続きです。

前記事にコメントをいただいて、裏表紙の図書カードで、好きな人の名前をさがした、みたいな、大変にベタで、美しい思い出が綴られていましたが、
なんと今はこの図書カードも存在しないのですよ。

理由は個人情報の保護なんだそうで・・・。
困った世の中だなぁ。

なので、ジブリ映画の「耳をすませば」のなかで、
ヒロインが、自分の読む本をすべて先に読んでしまっている同級生に、なぜか興味を引かれる・・・という設定は今ではあり得ないのです。
抜かったな宮崎駿・・・・。

さて、そーんなことはどーでもよかった、37生の時代。
私たちの心をとらえていたのはどんな本でありましょうか?

まずは外国文学

21.jpg


ケストナーです。
真ん中の「エミールと探偵たち」は代表作。
ほかに「ふたりのロッテ」「点子ちゃんとアントン」なんてのもありましたね。
(外人なのに点子ちゃんなんです、あっぱれな翻訳でした)

おっ、右端には「長くつ下のピッピ」(アストリッド・リンドグレーン)も写ってます。
このあたりの外国産の小説は、ちょっとしゃれた感じで、どっぷり昭和につかっていた37生にとって、いささか眩しくもありましたね。

つづいてこんなのはどうでしょう

22.jpg


ファンタジーです。ナルニア国物語ですねぇ。
「指輪物語」「ゲド戦記」と並んで、世界3大ファンタジーなのだそうです。
最近映画化されて、胸ときめかした37生も多いのでは?

本の方は、なぜか背表紙の絵が非常に印象的で、記憶に残っております。
特に「馬と少年」の後ろ向きの馬の絵。
今回こうして見ると別にどうということはないのですが、
わたしが35年間も覚えているのだから、きっと何かあるのでしよう。
(うん、きっとそうだ、そうにちがいない)

しかし、このシリーズ、タイトルを見ただけではシリーズだってことがわかりませんね。
ナルニア国のナの時も出てきません。
読んだ子だけわかる、名作なのでありました。

どんどんいきましょう

23.jpg


あぁ、定番だなぁ
「宝島」「トム・ソーヤの冒険」、スティーブンソンにマーク・トゥエインだね。
少年冒険小説とでもいうのでしょうか
毛色は違うけど「シャーロック・ホームズ」(ドイル)「怪盗ルパン」(ルブラン)なんかもこの類です。
そういえば37生のなかには、「トム・ソーヤ」→「ルパン」→「少年探偵団」→「なぞの転校生」と進んで、最終的にオタクになっていく一群の少年たちが確実に存在しておりました。

今回「怪人二十面相」や、少年ドラマシリーズのネタ本になったような、SFシリーズは発見できなかったのですが、やっぱり今の子たちには古いのかな?
怪盗ルパンより怪傑ゾロリなのね。

はい次

24.jpg


女の子にはこれ。
いわずと知れた「赤毛のアン」(モンゴメリー)のシリーズ!!
一巻目はともかく、シリーズ全部読んだのは、いわゆる文学少女たちですね。
「若草物語」(オルコット)「小公女」「秘密の花園」(バーネット)なんかも、彼女たちはみんな読んでいたのありました。

そんな子はなぜか髪が長くて、寡黙で、図書委員か、学級委員をしておりました。
初恋のタエコちゃんは今どうしているだろうか(遠い目)

日本文学にも目を向けましょう

25.jpg


佐藤さとるの「コロボックルシリーズ」
個人的にものすごく好きな本でしたよ。
特に「だれも知らない小さな国」これはいいです。わたし、今でも時々読んでます。
これ、挿絵もいいんですよ、大名作です。

まぁとなりに写っている「火炎もぐらの術」ってのもえらく気になりますが・・・。

最後はこれ

26.jpg


「大きい1年生と小さな2年生」(古田足日)
なんでも、もう100版をこえているというからすごいですね。

この本も挿絵が好きだったなぁ。いわきちひろをもっとリアルにしたみたいな絵柄で、当時は結構いろいろなところで見かけたような気がします。

左隣は巨匠灰谷健次郎の「せんせいけらいになれ」
児童文学の名作「兎の眼」なんかを書いた人です。
でもわたしは読んだことない・・・ごめん。

いろいろ書いてきましたが、本については、世代的な記憶というより、かなり個人的な記憶になってきますよね。
んな訳で、今回はだいぶわたしの趣味でした(いつもか)

ここあげたものを読んだことがない方もいるかとは思いますが、Amazonなんかで検索すると、けっこう昔の本でも出てきたりします。
皆さんも思い出の一冊を検索してみてはいかがでしょう?

気が向いたら次回もう一度、絵本編をやります。

・・・・・(つづくかな?)・・・・・
スポンサーサイト

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/05/24(木) 13:16:09|
  2. 学校生活
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0
<<図書室にGO! 3 | ホーム | 図書室にGO!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://1962.blog45.fc2.com/tb.php/99-4837c4c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

住民登録江戸川乱歩の出身地である三重県名張市には怪人二十面相が住民登録されている。名張市の話題づくりとして2004年11月5日に行われたものだが、「生年月日」は「不詳」と、「住所」は架空の所在地が記されている。・“探偵王子”小林少年のデビューは昭和5年報知新聞
  1. 2007/07/05(木) 04:10:00 |
  2. 文学をよく見てみると

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人

ひこてる

ひこてる

昭和37年4月25日生まれ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

名作シネマ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。