昭和37年ブログ

昭和37年生の、昭和37年生による、昭和37年生のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

図書室にGO!

ゴールデンウィークは遠く過ぎ去り、今年もはや半ば、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、先日仕事の関係で小学校の図書室をのぞく機会があったのですよ。
最近の図書室はどうなっているのだろうと興味津々だったわけですが、これがまた予想に違わぬゴウジャスっぷりでした。
木製タイルの床に、何やらアーティスティックなソファが置いてあり、子供は寝転がりながらでも本が読める風情。うーん時代だねぇ。

で、置いてある本はといえば
「地球環境の秘密」とか「なぜ学校にいかなければならないの?」とか「有機野菜の話」などなど・・
おいおい、本当にここは小学校なのかと、若干頭を抱えたわけです。
一番人気は「かいけつゾロリ」だそうで、おじさんの付け入る隙は、まったくありません。




↑これね


しかし、まぁ、これはこれで楽しいのですが(たぶん)、
37生たちが胸ときめかした、あんな本やこんな本は、もうここには存在しないのでしょうか?

そもそも、名作というのは時代を超えて存在するはず。
むしろ逆に言えば、あの頃から変らずに図書室に存在している本があれば、それこそが名作の証なのではないかと思うのです。

「こうなれば、意地でも37生の懐かしの本を探してやるぞ」(心の叫び)

というわけで、俄然闘争心に火のついたわたし。
図書室の端から端まで探索したのですよ。

結果・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・

発見しました!!

おじさんたちにもなじみの作品の数々です。かつての文学少年少女諸君、心してごらんあれ。



まずは定番から

siton.jpg

faburu.jpg


「シートン動物記」と「ファーブル昆虫記」です。

そうそう、これがありました。これは時代を超えますよね。

どっちかというと動物記の方が物語的で人気があったように思います。
「オオカミ王ロボ」とか「名犬ビンゴ」・・・・泣きましたねぇ。
個人的には背表紙の狐の顔が懐かしいです。

一方昆虫記はずっとマニアックな研究書の趣、
知名度のわりにあまり読まれていなかった印象です。
そんななかで、なぜかみんな読んでいたのは「フンコロガシの研究」かな。
インパクト強いもんね。

さて、動物関係ではこんな本もありました。

mukuhato.jpg


日本版シートン、椋鳩十

「むくはとじゅう」ですよ「ムクハトジュウ」
どこまでが名字なのか? 子供心に何というきてれつな名前だと思ったのを覚えていますね。
ちなみに、代表作「大造じいさんとガン」は今も国語の教科書に載っているそうです。

ところでこれらの作品、どちらかというと男の子の世界ですよね。
というわけで男の子関連でもうひとつ

rekishi.jpg


これ読みませんでしたか?

男の子と言ったら歴史物でしょう。ご存知、学習マンガのハシリです。
もしかしたらあの頃はまだ、図書室においてもらうほどの市民権を得ていなかったかもしれないなぁ。
でも、わたしは小学校高学年くらいにむさぼり読んだ記憶があります。

ちょっと手に取って中身を確認してみたら、マンガは完全に改訂されていて、ストーリーも絵柄も妙に今っぽくなっていました。
ですから、正確には37生の読んだものとは違うのですが、背表紙の雰囲気はまったく変わっていません。
今の子供にも結構読まれているみたいでしたよ。

さて、ここまではほんのウォーミングアップ。
今回の図書室探訪、まだまだ隠し球があります。
次回は女の子も楽しめる、感涙の文学シリーズが・・・・・刮目して待て。

・・・・・(つづく)・・・・・
スポンサーサイト

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/05/17(木) 09:31:15|
  2. 学校生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<図書室にGO! 2 | ホーム | 少年ドラマの主題歌>>

コメント

図書室

本の後ろにカードが差してあって、誰がいつ借りて、いつ返したか解るんですよね~
憧れの男の子が借りた本を探してみたり~(動機が不純です・・)

高学年で図書委員になると、壊れた本の修理や補強なんていうのもやりましたよね!
今は、そこまで読みつぶさないのかな!?

小学校の時は、先生が色々な本を朗読してくれました。
「小さいももちゃん」「長い長いペンギンの話し」「ねしょーべん物語」 

朗読の時間が待ち遠しくて、ワクワクしながら聞いていたのを、覚えています。

ファーブル昆虫記は、うちの兄が昆虫おたく だったので、全巻持っていましたね~
ふんころがしや、あり地獄くらいしか 覚えていませんが・・・

少女文学については、フライングしちゃいそうなので・・
つづきの後に~~
  1. URL |
  2. 2007/05/20(日) 15:15:50 |
  3. よっちゃん! #-
  4. [ 編集]

あり地獄・・・・・・・
ものすごくインパクトがあるに、本物を見たことがなかったような気がします。
自分でくぼみを作ってアリを落としていたような(暗い小学生でした^^)
  1. URL |
  2. 2007/07/22(日) 08:23:07 |
  3. ひこてる #vTTYl63Y
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://1962.blog45.fc2.com/tb.php/98-1a086ccb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人

ひこてる

ひこてる

昭和37年4月25日生まれ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

名作シネマ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。