昭和37年ブログ

昭和37年生の、昭和37年生による、昭和37年生のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

懐かしの歌謡曲(小学校・アイドル編2)

(47/'72年)37生の小学校の4年目は、進級早々、4月に発売の大ヒット曲
小柳ルミ子の「瀬戸の花嫁」で幕を開けます。

みんなで歌った♪瀬戸ワンタン、日暮れ天丼・・・例の♪森トンカツ以来の、替え歌の大ヒットでありました。

突然ですが、じつはわたし、この年から数年間が、まさに、歌謡曲がもっとも歌謡曲らしく、アイドルが一番輝いていた時代ではないかと、そう思うのです。

もちろん37生にとっては、一番脳みその柔らかい頃ですから、この頃から中学にかけての4~5年間のヒット曲は、数回聞くと覚えてしまいました。
その気になれば、たいがい今でも歌えるわけで、そういう意味でも、思い入れはひときわなのです。

でも、実際、曲的にも、人材的にも、素晴らしいものが次々世に出た時期なのですよ。
それが証拠にこの年は、以降月代わりで、記念碑的楽曲が繰り出されます。

翌5月には天地真理の代表曲「ひとりじゃないの」がリリース。
さらに6月には、あの伝説の「どうにも止まらない」が発売になります。

それにしても山本リンダはすごかった。
はじめて見た時は、家族中テレビの前で固まったのを覚えています。
「これはいったいなんなんだろう」って言うのが、正直な感想で、
今まで見たこともない、とんでもないものが出て来たと、そう思ったものでした。

rinda.jpg
使用前/使用後・・みたいな

今なら何でもないのだけど、当時のインパクトといったら 、倖田來未なんて目じゃなかったですからね。ちびまる子ちゃんが♪ウダダァと歌っているのも、もっともなわけです。

7月、スター誕生の初代合格者として、森昌子が「せんせい」でデビュー
全国の先生たちを熱くさせます(本当か?)

masako.jpg

これは順当に年齢を重ねたパターン


8月、郷ひろみ「男の子女の子」(これもデビューシングルですね)

郷ひろみもインパクト強かったですねぇ。♪ヘイヘイヘイ、ヘイヘイヘイですよ。
後の♪アチチ、アチに通じるものがありますな。
三つ子の魂百までといったところでしょうか?

hiromi.jpg

この人は・・・うーん


9月、再び天地真理「虹をわたって」
10月、ひと休み。
11月、アグネス・チャン「ひなげしの花」

可愛かったなぁアグネス・チャン。よく麻丘めぐみと対比されてたように思うのですが、わたし的には断然アグネスですね。
今や、お昼のコメンテーターみたいなポジションになっちゃいまして、ちょっと夢破れたおじさんなのですが、当時は、知的で、純真で、長い髪で・・・萌え~でした、ハイ。

agunes.gif
外見の変化は少ないんだけど、イメージ変わりましたねぇ


ところで彼女の一番のヒット曲は48/'73年の「小さな恋の物語」なんですが、「草原の輝き」や「ひなげしの花」、あるいは「星に願いを」「ポケットいっぱいの秘密」なんかは憶えていても、この曲は意外と出てこない人が多いんですね。
♪小さな家並みが まるで夢のよう・・・・ってわたしは歌えるんですが・・・。(なにせ好きだったんで)

12月、美川憲一「さそり座の女」
と、これはまぁご愛嬌。

本当に次から次への一年であったわけです。

この年デビューしたのは
麻丘めぐみ、アグネス・チャン、西城秀樹、郷ひろみ、フィンガー5
前年が野口五郎、翌年が、桜田淳子、山口百恵
沢田研二もソロになってヒットを飛ばします。

うーん、思い出せば出すほど勢いのあった時期ですねぇ。
アイドルが4ヶ月ごとに新曲を出し、それを片っ端からフォローしていったんですから、とても今では考えられません。

それだけ日本人も元気だった、あの頃なのです。
久々にカラオケいっちゃおうかなぁ~。
・・・・・(おわり)・・・・・

スポンサーサイト

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2006/12/06(水) 01:04:36|
  2. アイドルとか歌謡曲とか
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:4
<<昭和のヘンな外人列伝 | ホーム | 懐かしの歌謡曲(小学校・アイドル編1)>>

コメント

吉田真梨さん

ひこてるさま、こんにちは。また音楽ネタです。昭和51年「もどり橋」でデビューした、吉田真梨さん歌が結構気に入ってました。アイドル扱いでしたが、歌唱力もあって実力派でも良かったくらいです。しかしながら3~4曲くらいで後は売れずじまいでした。
この頃、歌唱力のあるアイドルってなかなか売れなかったんですね。もう少し前49年に中3で「目かくし」で デビューした石江理世(みちよ)さん、彼女も上手かったのに。

今みたいな時代だったら、きっと売れていたかもしれません。今は歌唱力があってナンボですからね。そういう私は歌はまったく下手でお恥ずかしいくらいですが・・・。
  1. URL |
  2. 2007/07/26(木) 13:50:29 |
  3. しろくま #NAijnZeA
  4. [ 編集]

この頃からですよ

昭和47年頃、小学校5年生でした。
アイドルにどっぷりつかっていたのでした。
天地真理さんを筆頭に(恋人たちの港まで全て歌えますぞー)
麻丘めぐみさん、桜田淳子さん、アグネスチャンさん
浅田美代子さん、などなど・・。
ひこてるさんのスキなアグネスの「小さな恋の物語」私も好きでした。
あと、麻丘めぐみさんの「アルプスの少女」なんかもよかったですね。
そして小学校を卒業する少し前にキャンディーズがデビュー。
高校生のときに(昭和53年)解散するまで私のアイドル好きは
収まることを知らなかったのでした。
  1. URL |
  2. 2007/07/26(木) 17:14:15 |
  3. やっさん #n1FhQnms
  4. [ 編集]

当時歌のうまかったアイドルは森昌子、もう少し後だと岩崎宏美ですね。
あの頃はそんなに思わなかったけれど、今の歌手の歌唱力は当時の8割増くらいですね。
カラオケの普及のせいか、一般人もやたら歌がうまいし・・・・。
  1. URL |
  2. 2007/07/26(木) 17:20:13 |
  3. ひこてる #vTTYl63Y
  4. [ 編集]

アイドルの事

ひこてるさまやっさんさまこんばんは。私はひねくれもんかも知れませんが、アグネスチャンさんだったら、「アゲイン」とか、麻丘めぐみさんだったら「夏八景」でしょうか。
「夏八景」のバック演奏もいいしめぐみさんのアイドル卒業間近の少し大人びた声が好きでした。岩崎宏美さん、彼女は文句無く歌唱力は誰にも負けないですね。「二重唱」でデビューした時こんな歌の上手いお姉さんが居たんだとぶっ飛びました。故淡谷のりこさんも彼女には一目置いてたといわれるくらいですから。「思い出の樹の下で」の
♪私は忘れない私は忘れない晴れた日の思い出の樹の下を~ドラマチックで素晴らしい歌い方です。アイドル時代の彼女の歌では一番気に入ってます。森昌子さんについてはあまり詳しくないのでスミマセン。

そういえば今時の子、一般人でもやたら上手い子(特に女性)多いですね。私なんか絶対的に歌は自信ないので封印してます。ギターやってたくせに歌は・・・。
  1. URL |
  2. 2007/07/26(木) 20:24:30 |
  3. しろくま #NAijnZeA
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://1962.blog45.fc2.com/tb.php/84-560aeaa1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

桜田淳子

桜田淳子桜田淳子(さくらだじゅんこ、本名:東 淳子 あずま じゅんこ(旧姓:桜田)、1958年(昭和33年)4月14日 - )は日本の俳優|女優、歌手である。秋田県秋田市
  1. 2007/01/24(水) 01:15:28 |
  2. さくらの部屋

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人

ひこてる

ひこてる

昭和37年4月25日生まれ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

名作シネマ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。