昭和37年ブログ

昭和37年生の、昭和37年生による、昭和37年生のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

懐かしの歌謡曲(小学校・アイドル編1)

37生の小学校時代を彩ったテーマソングの数々。
それは、アニメソングもフォークソングもあるわけだけれど、やっぱり王道は歌謡曲じゃないでしょうか?

時は小学校一年生。
和田アキ子が最初のヒット曲「どしゃぶりの雨の中で」を出します。そして翌年にはあの「笑って許して」をリリース。

なぜ和田アキ子の話から始めたかといえば、彼女曰く、この「笑って許して」が、日本ではじめて客席から、間の手の入った曲だというのですよ。
♪笑ぁって許してっ (アッコぉ)←ってやつね。

そう、37生入学の頃に、歌い手と聴衆の関係性が徐々に変わっていくのですね。
つまりは歌手のアイドル化、もっと言っちゃうと、歌謡曲のお子様化ですな。
もちろんそれまでもアイドル歌手はいたのでしょうけれど、もう一段近くなったというか、
何だろう、神様から、手の届かないまでも人間に降りて来たというか・・。
とりあえず小学生にも親しめる歌手の登場だったわけです。

まぁ、その先駆けが和田アキ子だというのは、何かなぁとも思いますが・・。
↓なんせこんなだったから





もっともこの年(44/'69年)のレコード大賞が、佐良直美「いいじゃないの幸せならば」で、
翌年が、菅原洋一「今日でお別れ」だったことを考えれば、
本格的なアイドル時代の到来はもう少し先なのです。

ちなみにこの時期のヒット曲は他に
奥村チヨ「恋の奴隷」 (♪悪い時はどうぞぶってねっ・・てすごい詞ですねぇ、今なら大問題だ)
ピーター「夜と朝の間に」
藤圭子「圭子の夢は夜ひらく」(宇多田ヒカルが、彼女の娘だと知った時にはぶっ飛びましたねぇ)
ちあきなおみ「四つのお願い」
いしだあゆみ「あなたならどうする」(♪泣くの歩くの死んじゃうの・・これも鮮烈)

などなど・・・・・やっぱりアイドルというには、ちと無理がありますね。

さて、明けて46/'71年、37生が小学3年になると、いよいよ本格的にアイドル時代が幕を開けます。

まずは、にしきのあきら「空に太陽がある限り」
ひたすら♪愛してる~ をくりかえすシンプルな歌詞は、37生のハートをわしづかみだったわけです。
加えて、あの野性的なルックス。
彼はその後ヒットに恵まれませんが、芸能人大運動会では、長く常連の位置を保ち続けます。

そして小柳ルミ子「わたしの城下町」
天地真理「水色の恋」
南沙織「17才」

おぉ本物のアイドルだぁ。
ちなみにこの3人「新三人娘」といわれてたらしいですね。(元祖が誰だかよく知らないけど)

天地真理の、「隣の真理ちゃん」「白雪姫」といったキャッチフレーズ、「ドレミ真理ちゃん」(自転車ね)などの、キャラクター商品・・・・まさに彼女はその後のアイドルの原型だったといえましょう。




しかもあの歌唱力・・・あれでアイドルは歌が下手でも可、という流れも出来たのだと・・・まさにアイドルらしいアイドルといえましょう。
(ほーんと下手だったもんね、もっとも「時間ですよ」で後がまに座った浅田美代子に比べれば・・・以下自粛)、でも可愛かったです。


南沙織は、返還前の沖縄出身(正確には鹿児島生まれの沖縄育ち)ということで、日本人なのに、異国ムードを発散するという、不思議な存在でした。
彼女も可愛かった。あの手のエキゾチックなルックスは、彼女から始まるような気もします。




「シンシア」という愛称は、彼女のクリスチャンネーム。吉田拓郎の「シンシア」は彼女に捧げた曲ですね。
個人的には3人の中で一番好きなんですが、篠山紀信氏と結婚したと聞いた時には・・・・でした。


小柳ルミ子は当初清純イメージだったんですよね。
宝塚音楽学校を主席で卒業ということで、歌唱力は断トツでした。
あんなに波瀾万丈の人だとは、この時の37生は思いもよりません。

↓これはちょっと年をとってから





彼女はその後アイドルというより正統派歌手として活動しますし、当初から落ち着いた雰囲気を醸し出していましたから、えっアイドルだったの?という感慨もあります。
なんだかんだいっても、現在もトップスターであり続けているのは、彼女の真の実力なんでしょうね。

この年のヒット曲は他に
尾崎紀世彦「また逢う日まで」(46/'71年レコード大賞)
五木ひろし「よこはま・たそがれ」
森進一「おふくろさん」(みんなでもの真似してましたねぇ)
欧陽菲菲「雨のエアポート」(この人、先日テレビで見ましたけど、ぜんぜん日本語が上達してないの・・なんか清々しくなりました^^)

なんかがあります。

さてさて、この後、37生の小学校生活後半は、怒濤の勢いでアイドル全盛時代へとなだれ込んでいきますが、それはまた次回書きましょう。
・・・・・(つづく)・・・・・
スポンサーサイト

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2006/11/30(木) 10:00:40|
  2. アイドルとか歌謡曲とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<懐かしの歌謡曲(小学校・アイドル編2) | ホーム | 懐かしの歌謡曲(小学校・フォーク編)>>

コメント

こんばんは~☆

私が初めて買った!シングルレコードが、瀬戸の花嫁♪でした~

小柳ルミコの熱狂的なファンで・・
サインの真似も出来ました!

そして・・5年生の頃
母と一緒に、日劇のワンマンショーを観に行きました!

いや~~~感動したなぁ
目の前にルミちゃんがいるんだもん
生で歌っているんだもん

若い男性ファンに混じって・・
親子で、浮いていたでしょうね~

でも・・あの頃は良かったですよね
老若男女・・日本国民誰でも歌える 歌謡曲があった・・

たとえ・・

悪いときはどうぞぶってね♪
昨日の夜の小指が痛い♪
ほくろの数を一から数え直して♪
あなたの為に守り通した女の操~♪

子供心に???な歌詞であっても・・
躊躇せず・・大きな声で歌っていましたよね♪
  1. URL |
  2. 2006/11/30(木) 18:57:52 |
  3. よっちゃん #-
  4. [ 編集]

ははははは

瀬戸ワンタン、日暮れ天丼・・・・の名曲ですね。
違う島にすんでる同士がどうやって知り合うんだ?っていうのが、当時の疑問でした。
昔からひねくれていたようです。

それと、サイン真似しちゃいけません^^
  1. URL |
  2. 2006/12/01(金) 08:30:28 |
  3. ひこてる #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://1962.blog45.fc2.com/tb.php/83-1957814f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人

ひこてる

ひこてる

昭和37年4月25日生まれ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

名作シネマ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。