FC2ブログ

昭和37年ブログ

昭和37年生の、昭和37年生による、昭和37年生のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

普通の女の子に戻りたい

高校の入学後の最初のHR
お約束の自己紹介の時に、一人の少年がいいました。
「僕はキャンディーズのファンです。スーちゃんいいですねぇ。」

どっと上がる歓声。
緊張気味のクラスの雰囲気は、これで一気に緩んだわけですが、
実はこの時、同時に男子生徒の中では、隠されていた2大勢力の存在が明らかになったのでした。

そう、すなわちそれが、スーちゃん派とランちゃん派の対立であります。

キャンディーズがコンサート中に突如引退を表明したのは、その前年の52/'77年、
37生は、受験に必死な中三の夏でした。
その時の台詞「私たち、普通の女の子に戻りたい」はあまりにも有名ですね。
舞台では「引退宣言」だったのが、いつの間にか「解散宣言」になり、解散時期もずるずる9ヶ月も延びてしまったことに、何やら大人の世界の圧力を感じないでもありませんでしたが、まぁ衝撃的な出来事でありました。

で、本当に解散したのが53'/78年の4月4日。
つまりこの自己紹介の日の一週間ほど前のことです。
37生男子の心の中には、いまだキャンディーズは生々しく息づいていたのでした。

HRの後、クラスの男子はひとしきり自分かどっちの派閥に属しているのかで盛り上がり、結束を深めたわけですが、
ほんわかあったか和み系のスーちゃんと、セクシーお姉さん的雰囲気のランちゃん,どちらも捨てがたいものがありました。

そして20数人の男子の中で、わずかに2人、かたくななミキちゃん派がいたことも書いておかねばなりますまい、
その一人が私だったってことも・・・

スレンダーなミキちゃん,色っぽかったんだけどなぁ・・・・

さて、キャンディーズのデビューは48/'73年
37生はまだ小5です。(ちなみに彼女らは37生より6~8学年上ですね)
デビューから2年近くはまったく売れず、ほとんどの37生がその存在を認識するのは50/'75年の「年下の男の子」からでしょう。

アイドルの低年齢化の進む中、20過ぎのまさにお姉さん。良いところをついていましたね。
その後3年間、37生の中学時代を、出す曲みんなヒットさせつつ駆け抜けていくのです。

売れなかった頃の4曲は、スーちゃんがメインボーカル。その後はランちゃん、そして引退が決まった後に一曲だけ(「わな」)ミキちゃんがボーカルをとりました。「わな」がミョーに暗い歌だったのが、このグループにおける、ミキちゃんの立場を象徴しているようで、ちょっと悲しかったですな。
ラストソングの「微笑み返し」では、それまでのヒット曲のタイトルを、歌詞中に織り込むという、素敵なお遊びもありましたっけ。

その後は皆さんもご存知の通り、田中好子は良い女優になりました。伊藤蘭は最近あまり見かけませんが、後に夫になる水谷豊と組んでドラマをやっていた頃は良かったですね。藤村美樹は地味でした・・・今は完全に引退しております。



おじさんになった、年下の男の子たちは、時々彼女たちと、満員の後楽園での引退コンサートを思い出すのです。

・・・・・(終わり)・・・・・
スポンサーサイト

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2006/06/02(金) 08:26:31|
  2. アイドルとか歌謡曲とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<NHK教育の番組たち(道徳) | ホーム | いわゆるひとつの長嶋引退>>

コメント

7月17日(月)20:00から21:30 NHK BS-2
「わが愛しのキャンディーズ」が放送されるそうです。
「年下の男の子」「春一番」などのヒット曲の数々はもちろんのこと、解散コンサートの
リハーサル風景、バックステージの模様などのテレビ初公開となる秘蔵映像も披露。
  1. URL |
  2. 2006/06/02(金) 13:25:20 |
  3. 年下の男の子 #-
  4. [ 編集]

どーもよしよしです。今回はキャンディーズですか。
キャンディーズで思い出すのは、当時ザ・ベストテンにキャンディーズが出演した際視聴者からの
リクエストハガキを黒柳徹子が読んでたんですが、投稿者の名前がな・なんとファンクラブにも
入っていた熱烈なキャンディーズファンの同級生の名前でした。当然翌日そいつは学校中で話題
になってました。その後TBSから送られた記念品なんかも見せてもらったのを憶えています。

で、私事ではもともとランちゃん派の私でしたが、中学で初めて出来た彼女がミキちゃんに
ちょっと似てた為ミキちゃん派に鞍替えした経緯があります(^^;。
  1. URL |
  2. 2006/06/02(金) 19:00:28 |
  3. よしよし #-
  4. [ 編集]

えーっ彼女いたんですかぁ。いいなぁ、
私はぜんぜんもてなかったからなぁ。
しかし今冷静に考えると、スーちゃんだなぁ。何でミキちゃんだったんだろう・・・。
  1. URL |
  2. 2006/06/02(金) 19:18:06 |
  3. ひこてる #vTTYl63Y
  4. [ 編集]

キャンディーズ・私の場合

デビュー当時はスーちゃんが好きでした。
その後ランちゃん派に・・・
私の場合メインボーカリストを好きになるという単純な人間でした。(今でも単純ですが)
普段はあまり大きな声など出さないのですが、解散コンサート(後楽園ではありません
念の為)に行ったときキャンディーズの「皆さんこんばんわ~」の声に思い切り
「こんばんわ~!」と叫び返した自分が以外でした。
その後は周りの雰囲気に合わせて叫びまくっておりました。
今では考えられないことですが・・・
改めて「若かったな~」と一人郷愁に浸っております。
  1. URL |
  2. 2007/09/15(土) 16:29:33 |
  3. やっさん #n1FhQnms
  4. [ 編集]

若気の至り^^

あの野太い声のコールは、一時代を築きましたねぇ。
確かに冷静に考えると恥ずかしいけど・・・若いっていいな!!!
  1. URL |
  2. 2007/09/15(土) 18:48:50 |
  3. ひこてる #vTTYl63Y
  4. [ 編集]

キャンディーズ

私はミキ派でしたね。あまり目立たないところが好きでした。ミキちゃんのパートは低音部分だった筈です。「春一番」のイントロのギターかっこよかったですね。バックミュージシャンはMMPでした。

藤村美樹さん、普通に今は主婦なんでしょうね。キャンの後釜として、アパッチ、トライアングルなどが出ましたよね。
  1. URL |
  2. 2007/09/15(土) 21:44:51 |
  3. しろくま #T3fqMar2
  4. [ 編集]

おっ

結構ミキちゃん派いますねぇ。
本当に今なにしてるんでしょうか?
  1. URL |
  2. 2007/09/16(日) 00:38:39 |
  3. ひこてる #vTTYl63Y
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://1962.blog45.fc2.com/tb.php/72-d18377d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人

ひこてる

ひこてる

昭和37年4月25日生まれ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

名作シネマ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。