FC2ブログ

昭和37年ブログ

昭和37年生の、昭和37年生による、昭和37年生のためのブログ

柏村アナを知ってますか

今回はちょっとマニアックな話。
以前書いた「大入りダイヤル」のエントリーに、「都倉俊一のあなたと旅と音楽と」様(しかし楽しいハンドルネームですね)からコメントをいただいて、その素晴らしい記憶力に触発されて、さらにいくつかの番組を思い出す事ができたのですよ。

特にあったあった感(なんじゃいそれ)が高かったのが「飛び出せ全国DJ諸君」という番組です。
その名前の通り、全国の地方局のアナにディスクジョッキーのコーナーを担当させるというもので、当時としてはなかなかどうして斬新な企画でした。
地方局の日替わりリレーみたいな手法は、その後テレビの朝番組などで取り入れられ、今ではすっかり定番ですが・・。

この番組では、10分間の枠を、月曜から、金曜まで一人づつ担当という形で、その後人気投票を行っていました。
最終的には人気上位者を集めてグランプリを決めるという、システムだったように思います。
(番組は49/'74年から58/'83年まで続いていますが、わたしが聞いていたニッポン放送では途中で打ち切っているようですし、地方によって放送時期はまちまちだったようです。)

当時この番組は、地方のアナウンサーにとって、登竜門的な役割を果たしていたようで、じつはここから中央にのし上がっていったアナウンサーも多いのです。

わたしがよく覚えているのは、柏村武昭アナ。
当時中国放送の社員でした。「木へんにホワイトの柏村武昭」が決め台詞で、軽妙で流れるようなしゃべりでした。(少々上手すぎる感さえありましたね)
グランプリを獲ったと思ったら、すぐにオールナイトニッポンのパーソナリティーになっていて、「あれあれこっちに出てきたんだ、故郷を捨てたな」などと思ったもんです。(いやな中学生だね)

その後しばらく消息を聞かないなと思ったら、名番組「お笑いマンガ道場」(51/'76年~H6/'94年)で初めて顔を見る事になります。
意外におじさんなんだなぁと思ったのですが、「飛び出せ全国DJ諸君」に出演した時に既に30を超えていたのですね。
たれ目の愛嬌のある風貌が印象的でありました。

広島地区での彼は、以後も人気番組を抱えて、大変な有名人であり続けたようですが、全国的には急速に懐かしい人になっていきます。
もっていた番組が帯の情報番組で、それ以外の仕事ができなかったというのが真相のようですね。ちなみにその「柏村武昭のテレビ宣言」は、広島で競合番組に、視聴率で負けた事がないのだそうです。

ところで「飛び出せ全国DJ諸君」ですが、他にも
波多江孝文(琉球放送からニッポン放送、「大入りダイヤル」ではた金次郎の名前でパーソナリテイー)
荒川強啓(山形放送からフリー)
鎌田強(北海道放送)
なんかがグランプリを獲っているのですね。
さすがに、選ばれたメンバーというか、みんなそれぞれがんばっています。

さて、ライブドア問題の時に、ニッポン放送の社長がかつての名DJ、カメこと亀渕昭信氏であることが話題になりましたが、37生にとっては、やはり、柏村アナでしょう。
なんと、2001年に参議院に立候補して、広島でトップ当選、議員さんになっていたのですねぇ。
すっかり自民党の長老みたいになって(当選一回だけど)、郵政民営化などを語っている柏村氏を見た時の驚きがわすれられないですね。
(調べてみると議員になってから失言も多いらしいのですが、とりあえずがんばってほしいものです^^)
・・・・・(終わり)・・・・・
スポンサーサイト



テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2006/03/31(金) 08:39:57|
  2. テレビ・ラジオ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:10
<<あなたのマジソンバッグは本物か? | ホーム | どうにもコンバット!>>

コメント

ひこてる 様

こんばんは。時々拝見させてもらってます。
柏村アナはよく知っていますよ。とても面白いDJで急に頭角を現してきたという感じでした。高校の頃だったかな。しかし、人気絶頂の頃はちょっと調子にのりすぎかなという感じもしました。全国放送に乗り換えた頃までは記憶にあります。今は国会議員になっていてビックリしました。
  1. URL |
  2. 2006/04/01(土) 21:16:27 |
  3. ペルちゃん #-
  4. [ 編集]

いらっしゃいませ

ペルちゃん様、はじめまして。
彼もずいぶん老け込んでしまいましたよね。本当にびっくりです。
でも広島県人にいわせると、あんなに有名なのになにを驚いているんだと言う事です。
典型的なローカルタレントだったみたい。

なにはともあれ、今後ともよろしくお願いいたします。
  1. URL |
  2. 2006/04/02(日) 16:59:09 |
  3. ひこてる #vTTYl63Y
  4. [ 編集]

久しぶりです。8ヶ月ぶりですよ。
マニアなネタですが、この「飛び出せ全国DJ諸君」は当時本になってまして、私の実家にあるはずです。ニッポン放送系列の全国のラジオ局のアナウンサーが網羅されていると記憶しています。DJの美声と話術から色々とその姿を想像するのですが、意外とお顔は皆さん単なる一般人でちょっとショックだったりするわけです。美女アナブームが始まるずっと前の事ですね。実家に帰った際には持ち帰ってご紹介致します。

それからつい最近、カセットウォークマンのプロフェッショナルを手に入れ、久々にカセットを聞ける環境を手に入れました。家にころがっているカセットを聞く訳ですが、久々に昔々録音した「コウタローパック」の最終回のテープを聴き、完全に10代にトリップしてしまいました。夜中の1時までがニッポン放送で1時からはTBSというのが私の基本コースでした。

こうやって書き込みをすると不思議と色々と思い出しますね。





  1. URL |
  2. 2006/11/14(火) 00:57:15 |
  3. 都倉俊一のあなたと旅と音楽と #-
  4. [ 編集]

ご無沙汰です

そうそう。ラジオアナウンサーの顔って、見てしまうと、けっこうがっくり来ること多かったですね。
声が美しいだけに、女性アナなんかには、けっこう勝手なイメージを作り上げてましたからねぇ。

カセットテープ・・・・・・ずいぶんいろいろ録った気がしましたけれど、みんなどこに行ってしまったのやら。
本といいテープといい、私は物持ちが悪いので、いまだに大切に保管されているとは、うらやましい。
ぜひ続報を聞かせて下さいね。
  1. URL |
  2. 2006/11/14(火) 07:40:18 |
  3. ひこてる #vTTYl63Y
  4. [ 編集]

飛び出せ全国DJ諸君

ひこてるさん
実家に帰って、「飛び出せ全国DJ諸君」の本を探し出しました。

発行は昭和52年(1977年)、出版社はペップ出版、定価は750円です。
全体的に青っぽい表紙(都会に黄色い星と電波がふりそそいでいるようなイラストです)に、赤い帯がついており、帯には
全国DJファン待望の一冊!!とびっくりマークが二つもついております。
北は北海道放送から南は琉球放送まで、ニッポン放送を含め32の放送局が取り上げられておりますが、ニッポン放送は
高嶋秀武、斉藤安弘、村木正顕、くり万太郎、菊池貞武各アナが掲載されており、生い立ちとかアナウンサーになった理由
等が書かれています。インターネットなんか無かった時代ですから、当時とても貴重な情報源だったと正直に思いますね。

極めつけはこの本の中に、当時の新聞を切り抜いたニッポン放送の番組表が入っていました。5時以降の番組表なので
夕刊(たぶん読売)だと思われますが、まず6時10分から日ハムVSロッテのナイターがあり、その後は以下のように記載
されています。

9.10 歌謡曲◇20愛と誠
9.30 新人歌謡◇欽ちゃん
9.50 怪奇「ゼロの世界」
10.00 C.スティーブンス
10.30 カンパニー◇ヤング
11.00 フォーク◇沢田研二
11.35 草笛光子◇45パンチ

どこにも宵の口なんて書かれていないのがちょっと寂しいのですが、、懐かしいですね。ただ番組のうち半分ぐらいしか
覚えていません。9:10と10:30~11:35は記憶が蘇りません。それから新人歌謡は多分「新人歌謡選手権」と思います。

ところで「飛び出せ全国DJ諸君」はウィキペディアにも掲載されていますね。でも飛び出せの後に!がついていますが、
私の持っている本から察するに、!は正式には多分無しですね。

今回はちょっとマニア過ぎました。では、、
  1. URL |
  2. 2006/11/23(木) 02:56:16 |
  3. 都倉俊一のあなたと旅と音楽と #-
  4. [ 編集]

おーマニアックだ

都倉俊一のあなたと旅と音楽と様
いやぁ、ありがとうございます。貴重な資料ですね。
番組表、なつかしいです。
沢田研二とか、草笛光子とか書いてあるのは、多分番組のゲストなんだと思います。
当時はそんな書き方をしましたから。
C.スティーブンスはなんだったなぁ?
最後はパンチパンチパンチで締めですな。乱一世の頃かしらん。
  1. URL |
  2. 2006/11/24(金) 20:17:45 |
  3. ひこてる #vTTYl63Y
  4. [ 編集]

日立ミュージックインハイフォニック

C.スティーブンスは日立ミュージックインハイフォニックですね。
貸しレコード屋さんも無かった時代ですから、洋楽好きの私にとってこれも貴重な番組でした。

話は飛びますが、元祖貸しレコードの黎紅堂は三鷹にあって、バスに乗って良く借りに行きましたね。
  1. URL |
  2. 2006/11/26(日) 01:04:56 |
  3. 都倉俊一のあなたと旅と音楽と #-
  4. [ 編集]

スレタイから外れたネタですが

懐かしいなあ、昔の番組表。「宵の口」の表記がないのは当たり前で、その番組表の頃は「宵の口」どころか「ハッピッピ」よりも前です(昭和49年の4~9月頃ですね)。
推測も含めて自分なりに解読すると、「歌謡曲」は「歌謡曲ザックザック」、「カンパニー」は「東芝マイマイカンパニー」、「ヤング」は「ヤング・スキャット」、「フォーク」は「ライオン・フォーク・ビレッジ」、「沢田研二」は「沢田研二 愛を求めて」、「パンチ」は「ザ・パンチ・パンチ・パンチ」だと思われます。「草笛光子」はおそらく「キリン夜の図書館」で、この週の担当が草笛さんだったのだと思います。
「愛と誠」の正式タイトルは「連続ラジオ劇画・愛と誠」、「新人歌謡選手権」は「銀座音楽祭への道・あなたが選ぶ新人歌謡選手権」ですね。
  1. URL |
  2. 2007/12/23(日) 01:04:33 |
  3. 新日本タイムパトロール #-
  4. [ 編集]

良く覚えていらっしゃいますねぇ。すごい!!
  1. URL |
  2. 2007/12/25(火) 08:04:03 |
  3. ひこてる #d4NAGPuI
  4. [ 編集]

ムーミンのGF?

柏村アナと言えば、昭和50年頃にTBSラジオでやっていた「柏ヤン・ノンノン 夜のジョッキー」を思い出します。ノンノンって誰だったのでしょうか?
  1. URL |
  2. 2007/12/28(金) 12:46:01 |
  3. 新日本タイムパトロール #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://1962.blog45.fc2.com/tb.php/63-24d77443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『FMレコパル』

エアチェック(死語?)もしくは貸しレコード(同上)からカセットに録音するとたいがい、この雑誌に付いてる「カセットレーベル」に差し替えというのが当時の流行でしたね。
  1. 2006/04/05(水) 22:31:45 |
  2. トレーナー、裏表ですよ!

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人

ひこてる

ひこてる

昭和37年4月25日生まれ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

名作シネマ