FC2ブログ

昭和37年ブログ

昭和37年生の、昭和37年生による、昭和37年生のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やっぱり奥様は魔女

前回アメリカドラマの話を書いたら、次から次へと、それはそれはたくさんのドラマを思い出してしまいましたよ。
考えてみれば、テレビの登場とともに、アメリカドラマも上陸したわけで、膨大な数の作品が(それも本国で人気を博したものばかり)放送されてきたのですから、語りたい事はてんこもりですよね。

しかし、何がナンバーワンかというと、これはとてもありがちなんですが、やっぱり「奥様は魔女」そして「コンバット」(さすが男の子)なんですね。

「奥様は魔女」については前回もちょっとだけ触れましたが、もう少し書いてみましょう。
といっても何度も再放送された人気ドラマです。ここに書くまでもなく、皆さんよーく知っていらっしゃるでしょうから、ちょっとトリビアっぽいネタで・・・・。

まずトリビアの1「ダーリンの途中で役者は代わっている」っていうのはどうでしょう。
えっ知ってるって?・・すいません。

この番組の放送開始はアメリカでは'62年、日本では41/'66年で、まさに37生の物心つくころです。まぁ最初に見たアメリカドラマと言っても過言ではないかもしれませんね。
当初の白黒時代からダーリンを演じていたのは、ディック・ヨーク。1話から170話です。
全254話ですから、半分以上は彼ですね。

そして二代目がディック・サージェント。
ヨークが交通事故の後遺症の腰痛を悪化させ、撮影が困難になっての交代でした。

このふたり、確かによく似ています。交代も番組の休止時にあわせていた事、名前も両方ともディックだし、われわれ日本人には(特に子供には)外人の顔の区別が難しいetcの理由もあって、まったく気づかなかった人も多いようです。
例のオープニングアニメのキャラクターも、特に手を入れずに使われていて、名前だけが変わっておりました。
元々サージャントの方も、番組開始時にオファーを受けていた役者であり、交代はスムーズだったようですね。

ちなみにこの番組ダーリンの他に、隣のクラビツ奥さん(しょっちゅう魔法を目撃するけど、旦那に信じてもらえない役どころでしたね)や、ラリーの奥さん役も途中で交代しています。

トリビアその2「タバサ役の女の子は大きくなってロック歌手になった」のはガセ
(長いなぁ)
タバサちゃんはエリン・マーフィーとダイアン・マーフィーという双子が演じていました。撮影が延びたりしたとき、ふたりだと便利だろう位の意味合いだったようです。

さて、時は流れて、37生が思春期まっただ中の中2の時、アメリカからあっと驚くロックバンドが登場します。
それが「ランナウェイズ」。名前は覚えていなくてても、ガーターベルトの下着姿で、♪チチチチチチチチ、チェリーボーンブ♪なんて歌っていた姿は、ほーら絶対覚えているはず。

この人たちね

で、このボーカルのシェリー・カーリーが、成長したタバサちゃんだという噂が、世界中をかけめぐり、今やほとんど事実として流布しているわけなのです。
試しに検索してみても、このネタはいくらでもヒットします。

ところがこれはガセなんですねぇ。本人が何度も否定しているとのこと。
どうやら、カーリーもまた双子であったためにそういう噂が出たようですが、当時「えっタバサちゃんってあんなになっちゃったんだ」「いったいなにがあったんだ」「アメリカってのは恐ろしい国だ」などと、心いためた37生は多かったですね。
まったくあの純情を返せであります。

さらにトリビアその3「いとこのセリーナは、エリザベス・モンゴメリーの二役」
・・・・・どうだ?
・・・・これも、気づいてる人は気づいてるよね。
でもわたしはこの間まで知りませんでした。

セリーナは、サマンサのいとこで、性格は正反対。奔放でいろいろ騒動を引き起こします。
なかなか色っぽい雰囲気のキャラクターなのですが、役者はパンドラ・スポックとクレジットされていたようです。
でも実は、演じていたのは、サマンサ役のエリザベス・モンゴメリーだったというわけなんです。

まぁ、わりとありがちなお遊びではありますが、モンゴメリーは実によく他人に化けてます。
何しろ撮影現場でスタッフが他人だと思ったって位らしいですから、なかなかのものでしょう。
もちろん37生には区別がつかず・・・・・わたしだけでしょうか?

他にもこのドラマにはいろいろな裏話があるようです。ファンサイトなどめぐってみると面白いですよ。
まぁとにかく、古き良きアメリカの、古き良きコメディーでございました。

「コンバット」についてはまた次回
・・・・・(つづく)・・・・・
スポンサーサイト

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2006/03/23(木) 09:05:48|
  2. テレビ・ラジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<どうにもコンバット! | ホーム | アメリカンドラマはお金持ち>>

コメント

ランナウェイズ!!!大好きでした~!今デビューしても(むしろ今の方が)スーパーバンドになったと思います。
いきなりドMAXなステージファッションだけでなくバングルズの前身という歴史が証明した音楽性の高さも魅力でした。チェリーカリー超える女性ボーカルは設定の段階でまず無理かなと思います。
  1. URL |
  2. 2008/06/09(月) 21:46:31 |
  3. アーム筆入れ #-
  4. [ 編集]

20年位前ですが、ダイアンと一緒に食事をしたことがあります。
その後、呼び寄せた方は、大手銀行の巨額不正融資で逮捕されましたが・・・・・・
  1. URL |
  2. 2009/02/06(金) 20:23:54 |
  3. #/Owiz3dU
  4. [ 編集]

奥さまは魔女

旦那が途中で変わる…子供心に、二人目の人は何かフランケンシュタインみたいに見えて、好きじゃなかったです。

ところで…サマンサの子供ですが…タバサだけだったですか?。確か男の子もいたような気がするんですが…。タバサのお兄ちゃんでしたが名前がわかりません。魔法は使えなかったはずです。

ちなみに関東では2013年現在、テレビ東京で朝8時から毎日放送されてます。


ついでに…奥さは魔法、オープニングのアニメと劇中突如巻き起こる笑い声…最後には拍手何かも入ってましたね。
この手のドラマには付き物でしたが、でも例えば志村のバカ殿なんかでも使われてますが、アメリカの笑い声は何だか上品に聞こえたような気がします。

  1. URL |
  2. 2013/09/15(日) 07:23:56 |
  3. 魔法くちゅくちゅ #YmpeaqZA
  4. [ 編集]

Re: 奥さまは魔女

> ところで…サマンサの子供ですが…タバサだけだったですか?。確か男の子もいたような気がするんですが…。タバサのお兄ちゃんでしたが名前がわかりません。魔法は使えなかったはずです。
多分アダムだと思います。弟だったような・・・。
  1. URL |
  2. 2013/09/15(日) 08:54:03 |
  3. ひこてる #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://1962.blog45.fc2.com/tb.php/61-1f3a52d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人

ひこてる

ひこてる

昭和37年4月25日生まれ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

名作シネマ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。