FC2ブログ

昭和37年ブログ

昭和37年生の、昭和37年生による、昭和37年生のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

タミヤ1/35の誘惑

プラモデルに目覚めた37生は、それぞれ専門分野と言いますか、自分のつくる物の方向性を定めていくことになります。
例えば、静岡のプラモデル会社4社が分担して出していた、ウォーターラインシリーズとかね。(全部つくると連合艦隊が完成するのだ)
つくる喜びに集める喜びがプラスされるんですねぇ。もう、男の子の心をつかみまくりなわけです。

さて、当時一番人気があった、模型会社のシリーズものといえば、それはもう、タミヤ模型の1/35、ミニタリーミニチュアシリーズでしょう。
↑いや、異論はあるかもしれませんが、何たってわたしがはまってたんですから、そういうことにしておいて下さい。

これは第2次大戦中の米英独軍を中心にした、軍事車両と兵隊の模型シリーズでした。
「ドイツ3号戦車」「キューベルワーゲン」「ケッテンクラート」「88ミリ砲」・・・なんてね。次から次に名前が出てくるばかりではなく、空で絵に描けますもの。そののめり込みようが分かっていただけると思います。




こんなのとか



こんなのとかね

このシリーズの新しかったのは、兵士の人形を多数発売したことで、車両と組み合わせた「ジオラマ」(日本語て言うと情景ですな。まぁ箱庭のようなものだと思って下さい)を提唱したことでしょう。
タミヤ模型というのは、当時模型の金型の分野では、おそらく世界一だった企業で、1/35というサイズにもかかわらず(人間が約5cmの大きさでした)、非常に細かく、リアルな製品を提供していました。
で、それらをただ作るだけではなく、風景の中で組み合わせて、物語性のある展示を仕掛けたのですね。

さらに、そんな「ジオラマ」に欠かせない、地面だの建物だのを作るテクニックや、さまざまの情報を、「タミヤニュース」
(たしか価格は50円だったな)という小冊子で啓蒙したり、
半年に一度くらいは「パチッ特集」という、ユーザーが作った「ジオラマ」写真集まで出して、大いにブームをあおったのでした。

これがかっこ良かったんだよなぁ。
こずかいをためては、「今度はイタリアの戦車が出るらしいから、アフリカ戦線のジオラマを作ってみよう」とか、「ロシア戦車の無骨さもいいけど、ドイツ戦車のメカニック感も捨てがたい」なんて、行きつけの模型店で悩んでいたものです。(どういう小学生だ)

やがて、小学校も5、6年になると、ただ組み立てるだけではなく、塗装をしたり、改造を施したりと、よりディープな世界にどっぷり沈んでいく37生も出てきます。(だからそれは自分だろうが・・・・)
実際その頃のわたしは、何を考えたか、タミヤ模型に手紙を書いて、新製品についての提案などを行っておりまして、信じられないことに、後日まさにその製品が発売になるという、栄誉に浴したりしています。
もしかしたら、将来は模型屋さんになるかもしれないなんて、ほんの少しは考えていたくらいでしたね。

こうして模型世界の闇に立ち入った一部の37生は、やがて鉄ちゃんになるもの、人形改造が高じて、フィギュアの世界に入るもの、はたまたガンダム系に進むもの、みんな立派なオタクになっていくのでした・・・。
・・・・・(終わり)・・・・・
スポンサーサイト

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2006/02/27(月) 18:00:22|
  2. 流行り・趣味編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<だるまさんが転んだ論争 | ホーム | プラモデルに目覚める頃>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://1962.blog45.fc2.com/tb.php/51-d0bf1ecd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人

ひこてる

ひこてる

昭和37年4月25日生まれ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

名作シネマ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。