FC2ブログ

昭和37年ブログ

昭和37年生の、昭和37年生による、昭和37年生のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

時代とコース(学習雑誌の系譜 2)

「科学」と「学習」で育った世代は、小学校卒業とともに、ある選択を迫られました。
すなわち、中学でも雑誌をとるのか? とるとしたら「時代」か「コース」か? 百恵ちゃんか淳子ちゃんか?であります。

「科学」と「学習」を出していた学研が、そのままの流れで中高生向に出していたのが、「中一コース」~「高三コース」。
これに対して旺文社が発行していたのが「中一時代」~「蛍雪時代」です。

体裁も内容もまぁ似たり寄ったりだったわけですが、個人的なことを書かせていただければ、「科学」と「学習」には寛容だったうちの親が、「時代」「コース」にはどうも理解がなく、わたしはどちらも購入していなかったので、あんまり内容については語れないのですね。

芸能、マンガ、学習、文通募集に、悩み相談と、まぁ総合誌なんですが、
ただ、さすがに受験産業、旺文社発行の「時代」の方がお勉強にシフトしていたようで、言い換えれば「コース」の方がくだけていたと、そういう評判でした。

両誌とも栄枯盛衰があるのですが、37生の頃から数年間が、勧誘合戦の一番激しかった時期ではないでしょうか。
まずキャラクターに、「時代」の百恵と「コース」の淳子が起用されます。
このふたり、富士ヨット学生服とカンコー学生服でもキャラクターで、火花ちらしていましたねぇ。
しかし森昌子の立場はどうだったんだろうと・・・・まぁしかたないな・・・。

百恵ちゃんが
♪わたしが読んでた中1時代、いまあなたにぃw 中1時代ぃw♪
と、ちょい低めの声で歌えば、淳子も負けじとサイン入り万年筆をプレゼントする。
今でこそ百恵の人気が高いですが、当時は淳子だってなかなかのものでした。
♪カンコーぉ、カンコーぉ、カンコー学生服っ♪
なんてね。(男装の彼女はかわいかったんだぞと、これは密かに淳子派だったわたしの心の声)
コマーシャルは、ばんばん流れてましたし、百恵ちゃん、淳子ちゃんからのお手紙攻勢なんてのもありました。
(ちなみにその後もプレゼント合戦は激化を続け、37生の頃の万年筆が、やがてはラジオになったりしたものです)

まぁ公平に見て、37生の人気は二分されていたといっていいでしょう。甲乙つけがたいってやつですね。
だから森昌子の立場は・・・・どうでもいいか。

さて、かように盛り上がった両誌ですが、その後徐々に部数を減らしてしまうんですねぇ。
別に「時代」や「コース」でなくとも、面白そうな雑誌が山のように創刊され、また内容も細分化されていったことで、総合誌には人気がなくなったためだそうです。

まず「時代」が'91年に廃刊。(「蛍雪時代」だけが、今も純然たる受験専門誌として、電話帳みたいなサイズで出版され続けています)
「コース」は'99年までがんばりましたが、やはり廃刊になります。ちなみに最後の表紙を飾ったのはジャニーズJrであったそうです。

思えば百恵は芸能界を離れて久しく、淳子も事実上引退。いまだなんとか現役なのは、なんと森昌子だけだという事実
諸行無常の響きありですな。
・・・・・(終わり)・・・・・
スポンサーサイト

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2006/02/18(土) 18:17:38|
  2. 37生の毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ホームランバーをもう一本(駄菓子) | ホーム | 科学と学習(学習雑誌の系譜)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://1962.blog45.fc2.com/tb.php/45-a4bfbf93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人

ひこてる

ひこてる

昭和37年4月25日生まれ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

名作シネマ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。