昭和37年ブログ

昭和37年生の、昭和37年生による、昭和37年生のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

教科書(小さい白いにわとり)

小学校に入学して、算数も理科も勉強したわけですが、やはり根っから文系のわたしとしては、国語は好きな時間の一つでした。他は全部忘れても、国語の教科書だけは少し覚えておるわけです。

1年生の国語の教科書の1ページ目は「がっこう」
2ページ目は見開きで教室の風景が描かれていて「はい」
その次が、砂場遊びのシーンで、「ここがかわ」「ここがやま」「ここがたに」

3つ目の山川谷は細かいところで自信がないけれど、1ページ目と2ページ目は間違ってないと思います。
わたしが使ったのは光村図書の教科書だったようですから、他の会社のものを使った方にはまた別の思い出があるでしょう。

不思議なもので、教科書の内容は小さな頃のものほど覚えています。

1年生の教科書では「小さい白いにわとり」というのがありました。

このパンだれがやきますか?
ぶたはいやだといいました。
ねこはいやだといいました。
いぬはいやだといいました。
にわとりはひとりでぱんをやきました。

ていうの覚えてませんか?

ラストはパンが焼き上がり

ぶたはたべるといいました。
ねこはたべるといいました。
いぬはたべるといいました。

で終わるのですね。
このあとにわとりはなんと答えたでしょう、というのが授業のテーマなんだけれど、それはともかく、この文章、素晴らしいリズム感です。何せ今でも空でいえるのですから・・・。

それからやはり1年の教科書にあった「チックとタック」・・・あぁこれもなつかしいですねぇ
小人って何となく西洋のものだと思っていたのですが(イラストも安野光雅だし)
これはおじいさんのところにでてきた小人が、あろうことか天ぷらだのすしだのを食べるんですねぇ。最後はわさびを食べて苦しむという話。
無国籍だなぁ。

こちらもやはり、ストーリーはもとより、チックとタックという言葉の響きの良さが印象に残っているんだと思います。
教科書ではないですが、「おおきなかぶ」とか「ちびくろサンボ」とか、子供は、同じようなセンテンスの繰り返しで出来ている話が、大好きなのですねぇ。

してみるとちょっと前にはやった、声に出して読みたい日本語ってのも、あながち馬鹿にしたものでもないかもしれません。
と、今日の文章を書きながら、自分の中に意外な学習の成果が残っていることにちょっと驚くわたしでした。
・・・・・(つづく)・・・・・
スポンサーサイト

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2006/02/08(水) 07:33:49|
  2. 学校生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<教科書(ゼッケン67) | ホーム | 夏休みの高校野球 2>>

コメント

こんばんは~

偶然みつけた!このブログ~
涙が出る程嬉しかったです!
私昭和37年4月28日生まれです。

小さい白いにわとりが、みんなにむかっていいました
「このたねだれがまきますか?」

から始まりますよね~

そして

小さいしろいにわとりが、みんなにむかっていいました
「このむぎ、だれがかりますか?」

小さい白いにわとりが、みんなに向かって言いました
「このむぎ、だれがひきますか?」

みんなそれぞれ・・いやだって言うんですよね!

パンを食べる時だけ「食べる」って・・

子供心に・・調子良すぎ!!って思いました!


カルナナンダ選手の話も覚えています。

勿論!チックとタックも!
学習発表会で、とんがり帽子をかぶって劇をやりましたもの~


「かぬひもとの思い出」って覚えていませんか!?

六年生の時の教科書だったと思います。

子供の頃の思い出で、いつまでたっても忘れられない話しをしておくれというのかい
はいはいわかりました。それでは話しますからよーく聞いておくれ

こんな始まりで・・お母さんが子供に話しをしているような文章でした!

女の子の間に面白い慣わしがあって・・
櫛の目をひとつずつ、か・ぬ・ひ・も・と・と数えて行って

か は買った
ぬ は盗んだ
ひ は拾った
も は貰った
と は盗った

結局・・お父さんとのなれ初めのお話だったんですけど、
心がキューンとなる感動を覚えたものです!!


また寄らせていただきます!
ありがとうございました!!
  1. URL |
  2. 2006/06/06(火) 19:23:48 |
  3. よっちゃん #-
  4. [ 編集]

よっちゃんさん、こんにちは

はじめまして!!
コメントありがとうございます。
かぬひもと、思い出せませーん^^
でももしかしたら、からかわれていた女の子を、櫛の歯を折ってかばってあげる話ではなかったろうか?
なんか記憶の引き出しの隅の方で、ほこりをかぶってる感じです。

誕生日めちゃくちゃ近いんですね。37生同士がんばっていきましょう。
また何か思い出したら教えて下さいね。
  1. URL |
  2. 2006/06/07(水) 07:57:05 |
  3. ひこてる #vTTYl63Y
  4. [ 編集]

ぼくもたべる

余程印象深かったのか、私も「小さい白いにわとり」はよく憶えています。鍬を持ったにわとりが一人(一匹)で、もくもくと畑作業をしていたのが健気でしたね。最後に「てびき」というコーナーがあって、そこに「にわとりは何と言ったでしょう」とか書いてあったんですよね。個人的には、にわとりには「やらねーよ」と答えてほしかったですね。
  1. URL |
  2. 2007/12/23(日) 16:17:20 |
  3. 新日本タイムパトロール #-
  4. [ 編集]

だいたい教室でも、あげる派、あげない派、諭す派なんかがいるのですよ。
実世界も一緒か?
  1. URL |
  2. 2007/12/25(火) 08:39:43 |
  3. ひこてる #vTTYl63Y
  4. [ 編集]

ちいさいしろいにわとり

ちいさいしろいにわとり、チックとタック…懐かしいですね。
ただ…教科書の一頁めは違いますね。私が覚えているのは「あさ あかるいあさ うみがひかる やまがひかる かわがひかる」でした。暗唱させられましたよ。

あと…六年生の下の一番最後が、「最後の授業」これも泣ける話でした。
あとは…覚えてません。
光村書店の教科書は、全集で売られてますよね。もう一度読みたいですが…メチャメチャ高いくて買えません(;_;)
  1. URL |
  2. 2013/09/05(木) 13:42:19 |
  3. ヘーデル #Hyf0ngDc
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://1962.blog45.fc2.com/tb.php/35-471d10b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人

ひこてる

ひこてる

昭和37年4月25日生まれ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

名作シネマ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。