昭和37年ブログ

昭和37年生の、昭和37年生による、昭和37年生のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

夏休みの高校野球 2

前回は、甲子園のインパクトNO1、PL学園の話を書きましたが、だからといってわたしが特別に野球が好きというわけではないのです。

けれど、37生の育った時代というのは、みんな年中行事のように高校野球を見ていました。
喫茶店の店頭に「高校野球放映中」なんて看板が出ていたりね。(そうそう、W杯の時に「カメルーン戦放映中」という張り紙を見たけど,なんかむちゃくちゃ懐かしかったですな)
マスコミの扱いも大きかったし、おのおのの思い入れも深かったように思います。
その後の世間を騒がすドラフト問題とか、金にまつわる噂なども無く、まだ高校野球がそのイメージを保っていた時代でした。

やがて、そんな国を挙げての高校野球熱もしだいに薄れていったのは、皆さんご存知の通りです。
わたしはといえば、年を重ねれば、それなりにいろいろなことに忙しく、自分が高校生になる頃には、ほとんど高校野球など見なくなっておりました。
そんな54/'79年、8月16日、高校二年の夏、その試合は行われたのです。

61回大会の3回戦、その日の第4試合は、春夏連覇をかけた和歌山の箕島高校と、石川県の強豪、星稜高校の試合でした。

わたしが何でこの試合を見ていたのかといえば、たまたまです。
たまたまではありましたが、これがまぁすごい試合だったのですね。

試合は箕島、石井と、星稜、堅田の両エースの投手戦になりました。
4回表裏にそれぞれヒットで1点ずつ上げると、あとはどちらも得点無く延長戦に入ります。
12回表、星稜高校は相手のエラーに乗じて得点。2-1として勝ち越し、裏の箕島の攻撃も簡単に2死となり、ここで試合は決まったと誰しも思ったのです。

ところがここで同点ホームランが出ちゃうんですね。
この辺から俄然、手に汗握る展開になってきます。

14回には箕島が1死3塁のさよならのチャンスを迎えますが、なんとこのランナーは隠し球でアウトになります。
わたしの人生の中で、2回くらいしか見たことのない隠し球が、ここで出ましたものねぇ、びっくりですよ。
もう、このあたりでは、テレビに釘付けです。

16回、星稜は、ヒットを重ねてついに三度目の勝ち越し、3-2です。
裏の箕島は、12回の再現のように簡単に2死となり、最後のバッターも1塁側に簡単なファールフライをあげてしまいます。
いよいよ終わりだと思ったところで、ファーストが転倒だぁ・・・・。

そしてアウトにならなかったそのバッターが、3球後に同点ホーマーを打ち、3-3。
もう球場は割れんばかりの大声援、お祭り騒ぎであります。

最初は星の字をデザインしたマークがかっこいいから,というしょーもない理由で星稜高校を応援していたわたしですが、この時点では、月並みですがもうどっちにも勝たせたいという、菩薩のような心境でありました。

結局18回表、無得点で星稜の勝ちはなくなり、このまま箕島も無得点なら、翌日再試合という場面で、箕島は四球とヒットで初めてこの試合をリード、つまりサヨナラ勝ちしたのです。

わたしには、ナイターとなった甲子園のマウンドで、決して淡々としているわけでもなく、しかし悲壮感を醸し出すこともなく、ひたむきに投げていた、両投手の様子が印象的でした。
思えば彼らは自分とほぼ同じ年であったわけですが、とてもそんなふうには見えなかった。
昔から甲子園に出てくる選手はなぜか「お兄さん」に思えるものなのです。

その後箕島はこの大会を制し、公立校で最初の春夏連覇を成し遂げています。
わたしは相変わらず、高校野球とは縁遠い日々に戻っていきますが、あの夏の日に、突然夢のような興奮を与えてくれた試合は、今でも忘れられないのです。
・・・・・(終わり)・・・・・
スポンサーサイト

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2006/02/07(火) 07:52:28|
  2. あの日の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<教科書(小さい白いにわとり) | ホーム | 夏休みの高校野球>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://1962.blog45.fc2.com/tb.php/34-3dc38ef8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人

ひこてる

ひこてる

昭和37年4月25日生まれ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

名作シネマ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。