FC2ブログ

昭和37年ブログ

昭和37年生の、昭和37年生による、昭和37年生のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

BCL

1970年代、正確には48/'73年くらいからにわかにBCLブームというのがわき起こります。
37生の男の子たちは、たちまちこれに魅了されてしまい、一大ムーブメントとなりました。

BCLはビー・シー・エルと発音します。Broadcasting Listeningの略で、これだと「放送聴き」ですけれど、要は海外の短波ラジオ放送を聞くことで、ついでに相手に受信報告書を送って、お返しに「ベリカード」という受信確認証をもらう。まぁこれだけのことです。
じつはこの趣味、極めると、いい大人が南米辺りの小さな放送局を聞き当てるのに、血眼になって、庭にアンテナをたてたり、高額の受信機を購入したりする、じつに奥の深いものなのです。
しかし当時の37生は小学高学年。語学力も資金力も皆無なわけで、せいぜいが当時十数局あった、短波による海外の日本語放送を聞くことで、精一杯ではありました。

しかし、今考えるとBCLは、かっこいい受信機をいじるアイテム的喜び、必至で放送局を探り当てるゲーム的喜び、そしてベリカードを集めるコレクター的喜び、男の子の心をつかむすべてを兼ね備えた、最強の趣味でした。

まずは受信機。
BCLをやりたくても、短波ラジオがなければ話になりません。
48/'73年にソニーがBCL用のラジオとして、「スカイセンサー5800」という機種を発売してブームに火をつけるのですが、じつに100万台売れたといいます。(わたしももってました)
これは何がよかったって、デザインがかっこ良かったですねぇ。いかにも通信機みたいなブラックボディーに心ふるえたものです。
他にも松下のクーガシリーズなどがあって、性能を競っていました。
しかし、スカイセンサーの値段が当時20800円。結構な額で、小学生に手の出るものではなく、やはり親頼みでした。
クリスマスだの誕生日だのにかこつけて、37生は必至におねだりしたわけですね。
日本が豊かになり、そこそこ余裕も出てきた時代、これは37生にとって、金をかけてやる初めての趣味でもあったのです。

で、ラジオを買ったら「ラ製」(ラジオの製作)「初ラ」(初歩のラジオ)なんて雑誌を買って、アンテナを自作したり、チューニングのテクニックを学んだりします。
太陽黒点の活動が短波の受信に影響するとか、天気と電波状況には関係がないとか、まぁ、いろいろ知識を入れるのですね。
やがて上級機種のラジオには、周波数直読機能というのがついて、手探りでチューニングする必要がなくなるのですが、あのちょっとてでもダイヤルを動かしすぎると聞こえなくなってしまうドキドキ感は、まさにゲーム感覚でした。

最後がベリカードです。
これは、受信証明書といっても、ほとんどが絵はがきのようなもので、そのお国柄を反映した絵柄が、なかなか美しかった。
今と違って海外というものがまだまだ遠かった時代、生まれて初めての国際郵便を、このBCLを通じて経験した37生は多いはずです。(まだ、郵便局の受付で、船便ですか、航空便ですかと聞かれる時代だったなぁ)
ポストに初めての外国からの手紙を見つけた時の喜び、今も忘れられません。

いささかマニアックになりますが、この話はもう一回続きます。
・・・・・(つづく)・・・・・
スポンサーサイト

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2006/01/31(火) 08:24:26|
  2. 流行り・趣味編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<BCL 2 | ホーム | サリーちゃんとアッコちゃん>>

コメント

さすがに

中1の頃はBCLブームの始まりでした。短波ラジオを買って貰えたのは高1の頃でした。しかしBCLは意外に飽きが早かったですねぇ、
  1. URL |
  2. 2010/10/12(火) 15:04:07 |
  3. ショート #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://1962.blog45.fc2.com/tb.php/25-5fa281fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人

ひこてる

ひこてる

昭和37年4月25日生まれ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

名作シネマ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。