昭和37年ブログ

昭和37年生の、昭和37年生による、昭和37年生のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

カブトムシがやってきた

残暑お見舞い申し上げます。全国の37生の皆さん、いかがお過ごしですか?
世間では、とっくに学校の夏休みも終わったようですね。
子供の頃、私たちはクーラーもないのに、なぜあんなに元気だったのでしょう?
そして、あの頃の夏休みは、なぜあんなに長く充実していたのでしょう?
永遠に続くかと思われたほど、毎日様々の事件があったものですね。

さて、少々タイミングを逃した感がありますが、
わたしが夏になると思い出すのは、
学校の校門前にやってきた「カブトムシ売り」のおじさんです。

そんなの知らないって?
もちろん37生の時代には、まだまだ「いくらでもカブトムシのとれる地域」は実在しておりました。で、そこでは、自給自足で手に入るわけですから、当然そういう地域にカブトムシ売りはやって来ません。

しかし、中途半端な都会だった、わたしの地元には毎年来たんですねぇ。

木のミカン箱に金網を張った巨大な虫かご、
この中にあきれるくらいたくさんのカブトムシを入れて、学校の校門前あたりで売っておりました。

だいたい雄で300円ってところかなぁ。

毎年来たと言っても、時期はわりとピンポイントでして、そう小学校4年から6年くらいまですか。

それ以前には、そもそも虫を売るなどという概念が日本人の中になく、
それより後だと、カブトムシ事体を手に入れるがなかなか大変になって、うまみのある商売じゃなくなっちゃったのでしょうね。
いかにも怪しげな路上のカブトムシ売りはこなくなっちゃいます。

まぁ、いろいろ地域性はあるでしょうが、私の住んでたあたりではそんな経過でありました。


で、カブトムシです。
男の子はこれが欲しいのですよ。
漆黒の憎い奴、なぜだかカッコいいんです。
あと茶色がかった別名「赤カブト」なんてのもおりましたな。




それと不思議なことにクワガタムシは売りにこない。あくまでカブトムシなんですね。
(クワガタに魅力がないのか、それとも数が少ないのかしらん?)

わずか数年のことではありましたが、とにかくカブトムシ、飛ぶように売れておりました。


さて、例によって貧乏なので、この手のものは絶対買ってもらえなかったわたしですが、
ことカブトムシに関しては、裏技がありました。

みんな買ってもらったカブトムシを、水槽なんかで飼うわけですが、
当時の水槽は100%魚を買うためのものでして(当たり前だよね)、ふたなんか付いてないんですよ。
そこで、ふたの代わりに網戸のアミなんかをかぶせてあるわけです。

しかし、相手はカブトムシです。
キングオブ昆虫であります。
夜になって活動的になると、アミなんか簡単に突き破るのですよ。

実はわたし団地に住んでおりまして、シーズンになるとあっちの棟からも、こっちの棟からもどんどん逃げ出すのです。

それが光に集まって、朝方になると街灯の下に裏返っているわけ。
どこの街灯でもいいわけではなくて、ちょっとした穴場みたいなところがあったんですが、
まぁ、もう多いときは5匹も6匹もつかまえたものです。

わたしの少年時代の、数少ない輝かしい記憶ですな。

何年か前、デパートでカブトムシを売っているのを発見、
値段を見たら一桁違っておりました。感慨深いものがあります。
今回はちょっとマイナーな話題でした。みんなおぼえているかな?

・・・・・(終わり)・・・・・
スポンサーサイト

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/09/10(月) 17:37:13|
  2. 37生の毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<光化学スモッグの向こう側 | ホーム | ブルーワーカーと日ペンの美子ちゃん>>

コメント

こちら中途半端な田舎では

私の住んでいるところは当時田んぼの真ん中でしたので
カブトムシやクワガタよりはフナなどの魚とりに熱中しておりました。
カブトムシやクワガタなどにはあまりお目にかからず、大げさに言えば
ちょっとした有名人に接するような感じでした。
フナは半日で40匹くらい取りましたが、翌日には半分は天に召されておりました。
あと蛙をオタマジャクシから蛙になるまで庭のバケツで飼っていたりとか・・
地上の生き物については蝉の方がなじみがあります。
ひこてるさんの最初のコメントにあるようにあの頃クーラーなどなくとも全然平気で
宿題の存在をすっかり忘れるような夏休みを過ごせたことよい思い出です。
今は暑さの質が違うような気がしますねぇ。
  1. URL |
  2. 2007/09/12(水) 14:29:47 |
  3. やっさん #n1FhQnms
  4. [ 編集]

そうですね

まだ虫取りとか、魚獲りとかの出来た時代でしたね。
そういえばオタマジャクシも見なくなりましたねぇ
あれは世話がいらなくて簡単だった。
でも突然水から上がって、いなくなるんですよね。
足の生えたオタマジャクシ、しばらく見てないなぁ。
  1. URL |
  2. 2007/09/12(水) 20:10:56 |
  3. ひこてる #vTTYl63Y
  4. [ 編集]

虫ならなんぼでも

私はド田舎もんでして、家から自転車で5分もかからないところにカブトムシが何ぼでも居る場所がありました。きゅうりとかなすびとか果物の端切れとか適当に与えてました。カブトムシ派とクワガタムシ派が居りました。あと触覚のごっついカミキリムシ、虫には困りませんでした。

最近は宅地化が進み、農薬の影響もあるのかカエルもあまり見かけませんね。カエルを爆竹で・・・などと可哀想なこともしましたが。なむー。
  1. URL |
  2. 2007/09/15(土) 06:57:54 |
  3. しろくま #x9c5GV3o
  4. [ 編集]

うらやましいです

カミキリムシ~。
レアだったなぁ。一度だけつかまえたことがありました。
何を食べるかよくわからなくて、そのうち死んじゃったのでありました・・・。

カエルはうちの方にも掃いて捨てるほど(爆竹で飛ばすほど?)おりました。
産卵期の路上に、車にひかれたカエルが・・・・・・以下自粛
  1. URL |
  2. 2007/09/15(土) 18:58:19 |
  3. ひこてる #vTTYl63Y
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://1962.blog45.fc2.com/tb.php/109-9964df9c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人

ひこてる

ひこてる

昭和37年4月25日生まれ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

名作シネマ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。