昭和37年ブログ

昭和37年生の、昭和37年生による、昭和37年生のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マンガのくにとの再会

ようやく秋です。いかがお過ごしですか?

さて、今回の記事を書こうと思ったのは、とある映画のタイトルを聞いたからなんですね。
それが「ファンタスティック4」(しかもパート2だ)

なんのこっちゃと思ったあなたは、ほぼ正しい40代だと思うのですが、
ファンタスティック4というのは、別にファンタのコマーシャルではなくて(これも古い話だねぇ)
そういうタイトルのSF映画ですね。

で、タイトルを聞いただけではちっともわからないんですが、
新聞広告などで実際のビジュアルを見てみると、んっんっんっ・・・。



↑これだ

これはあんた「宇宙忍者ゴームズ」じゃないですか?

忘れもしない、37生の小学校時代を通して、
あの偉大なる東京ローカルテレビ局、東京12チャンネルでは、毎日夕方5時くらいから「マンガキッドボックス」とか「マンガのくに」などという番組を流しておりました。
(東海地方ではテレビ愛知でやってたらしいですな)

流れていたのは、アメリカのアニメ
ちょいマニアックになりますが、「ハンナバーベラ」とか「フィルメーション」なんていう会社が製作したものです。

「マイティハーキュリー」
「冒険少年シンドバッド」
「大魔王シャザーン」etc・・・

どうですか?懐かしいですねぇ。

で、「宇宙忍者ゴームズ」もその一本
「ファンタスティック4」ってのは英語の原題なんですね。

まぁなんでゴームズかと言えば、主人公の身体がゴムのように伸びるからで、もちろん日本語版だけの名前。
他にも身体が火だるまになるファイヤーボーイ、全身岩石のガンロックと、無茶なネーミングになっていました。
ほんとはそれぞれミスター・ファンタスティック、ヒューマン・トーチ、ザ・シング、というそうです。(こっちも結構無茶だな)

しかし、わたし前にも何度か同じような体験をしたことがあります。

5年ほど前の映画「スクービードゥ」



こいつは「弱虫クリッパー」ですね

映画版の「メガ子」ちゃんがあまりにそっくりなので感動した覚えがあります。
それにしてもこの犬、クリッパーじゃないの?


あとは「フリントストーン」



やはりそのまんま「原始家族フリントストーン」というタイトルで放送されてましたね。

あとこれは日本未公開なんですが、
「ドラドラ子猫とチャカチャカ娘」も「プッシーキャッツ」というタイトルで実写化されているんだそうです。

まぁ日本でゲゲゲの鬼太郎を実写化するようなものでしょうかねぇ(でもなんでウエンツ瑛士なんだ?)

それにしても「バットマン」や「スーパーマン」みたいにもとが実写だと(まぁおおもとはコミックだけど)、そんなに違和感はないんですが、
あの「マンガの国」でやってた15分アニメと、劇場版の実写の映画というのは、あまりに落差が大きくて、なんとも不思議な感じがします。



おぉブラック魔王だ。ケンケンだ。まだまだいろんなキャラクターがいるんですよ


個人的には前出のシャザーンや、「チキチキマシン猛レース」なんか実写化できないでしょうかねぇ?
今のCG技術を駆使すれば必ず出来ると踏んでるんですが、ハリウッドのプロデューサーさん、このブログを読んでいたら、アイディア買いませんか(妄想)

・・・・・(終わり)・・・・・
スポンサーサイト

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/10/05(金) 09:41:36|
  2. テレビ・ラジオ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:23

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人

ひこてる

ひこてる

昭和37年4月25日生まれ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

名作シネマ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。