昭和37年ブログ

昭和37年生の、昭和37年生による、昭和37年生のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

太陽学園はどこにあった

♪空に燃えてる でっかい太陽 
 腕にかかえた 貴様と俺だ 
 バネもきいてら 血もわくさ 
 エイコラ ゴーゴー やっつけろ 年がら年中 傷だらけ 
 泥んこ苦行はなんのため 勝って帰らにゃ男じゃない

この歌ご存知ですよね?
夏木陽介主演「青春とはなんだ」に始まる「日テレの青春シリーズ」で、ずっと流れていた曲ですね。

このシリーズ、開始は40/'65年、37生が3才の時です。(モノクロでした)
その後、竜雷太の「これが青春だ」「でっかい青春」、さらに浜畑賢吉の「進め!青春」と、
43/68'年まで続いて、いったん終わります。

37生的には再放送で見たものも多いのですが、シリーズ中のいろいろな作品が、記憶の中でごっちゃになってる感じでしょうか。
年齢的に幼かったことと、内容が似たり寄ったりだったこともあって、まぁしかたないかもしれません。

で、その後4年ほどインターバルを置いて再開されたのが(47/'72年)
「飛び出せ!青春」そして「われら青春!」の太陽学園2部作であります。
こちらは37生の10才~12才の時の放送開始ですから、皆さんよーく覚えてますね。

さて、この2作品が他と一線を画するのは、共通した世界観があるということです。
つまり設定が一緒なんですよ。
舞台を某地方都市の、「太陽学園」という高校に定め、登場人物も重複します。

じつは冒頭の歌(「貴様と俺」といいます。同期の桜みたいだな)なんですが、
この2作では太陽学園の応援歌として繰り返し歌われています。
シリーズ8年間を通して使われてきたんですから、究極の使い回しですね。


まず「飛び出せ!青春」
先生役はいわずと知れた、ビギンこと村野武範。マドンナの本倉先生は酒井和歌子です。
それと太陽学園の面々ですが、
杉田校長(有島一郎)、江川教頭(穂積隆信)、塚本先生(柳生博)etcとなっております。
例の穂積隆信の「塚本君、塚本君っ」という台詞、なつかしいですねぇ。

ところでこの学園、校長の「来るものは拒まず」の方針で、全国の落ちこぼれが集まっているのです。
なんか-北星余市高校みたいなところでした。
そこで、ヤンキー先生ならぬ河野先生が、サッカー部の"不良"(最近聞かないなぁ)を相手に奮闘すると、そういう物語です。

ビギンというのはLet's begin.
河野先生のモットーなんですが、
第一回目で、彼はこの言葉を黒板に書いて自己紹介しています。(ただしだまされて、他校の教室でやってるんですが・・)
ちなみに最終回の最後の台詞も、レッツ、ビギンでしたね。


さてさて、その2年後、河野先生の大学の後輩、沖田先生(中村雅俊)が赴任してくるのが、「われら青春!」です。

こちらはラグビー部を作って奮闘します。
マドンナは杉田先生(島田陽子)、河野先生時代から2度留年した高校5年生、山本(穂積ペペ)なんてキャラクターもいました。
他にもラーメン屋の主人(名古屋章)、寮母のおばさん(菅井きん)なんかも、引き続きの出演です。

第14話では「飛び出せ」の生徒同士が結婚するというので(結婚するのは木次くん、森川正太だよ)
河野先生はじめ旧メンバーが勢揃いで出演という、すごい企画も・・・教頭先生が河野先生に「本倉先生元気?」と、冷やかす場面もあったなぁ・・・・確か。

沖田先生のモットーは「涙は心の汗だ」
主題歌「帰らざる日々のために」の一節でもありました。
中村雅俊は、自分でも歌を歌うので、「ふれあい」「青春貴族」なんかもこの番組から出たヒットですね。

ところでなんでもこの番組、最初は沖田先生役に中村雅俊ではなくて、松田優作が考えられていたのだとか。
なんかイメージ違うのですが、松田の沖田先生というのも見てみたかったものです。


さて表題の疑問です。
山あり海ありの「太陽学園」、一体どこにあったのでしょう?

答えは山梨(おい、海ないぞ)
日本大学明誠高校(山梨県上野原市)というところで撮影したそうです。
この事実、だいぶ学校の方でも意識していて、Let's Begin!は今年の生徒募集のキャッチフレーズになってます。

ちなみにライパルの県立東高は、神奈川県立川和高校だそうです。
こちらは県下でもなかなかの進学率を誇る名門みたいですよ。





ではちょっとくたびれた青春貴族たちよ、またお会いしましょう。

・・・・・(終わり)・・・・・
スポンサーサイト

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/07/26(木) 09:09:14|
  2. テレビ・ラジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

人生は「人生ゲーム」

突然ですが゜お宅には「人生ゲーム」ありましたか?
うちにはありました。

このブログの冒頭に固定してある記事にも写ってますね。

game5.jpg

これは多分友達のナゴヤ君のうちでとったのではあるまいか、
あのうちはお金持ちだった・・・。



そう、「人生ゲーム」こそ、あの頃、ここの家でもあそこの家でも、わりと節操なく所有していた、言わずと知れたボードゲームの定番ですね。

今でもアレンジを繰り返しながら発売されていて(そういえば、発売中止になった「堀江貴文監修版」なんてのもあったなぁ)、そういう意味では昭和というより、日本の大ベストセラーゲームです。

しかしこれ、もともと日本生まれじゃありませんね。

game6.jpg

なんせ「The game of life」ですからね。
ところで、この小さく写ってるおっさんは誰なんだ?


なんとこのゲーム。原型が出来たのは1860年、18世紀なんですね。
米国マサチューセッツで印刷業を営むミルトン・ブラッドレー氏が、
自ら考案した「THE CHECHERD GAME OF LIFE」を印刷し、発売したのがはじめなのだとか。

で、いきなり歴史をすっ飛ばして、その100年後、
1968年(昭和43)になって、ようやく日本版がタカラから発売になるのです。
これが37生のおなじみの、初代人生ゲームですね。
ちょうど小学校に入る直前くらいのことでありました。

ところで初代の(2代もそうなんだけど)特徴というのは、なんといってもアメリカ版の直訳だったということでしょう。
愚直なまでに、向こうのものを忠実に日本語訳してあるのですよ。

そのため盤面には、当時の日本人の感覚では???というようなマス目もたくさんありました。

   「にげたサーカスの象をみつけ$1,500もらう」
   「ウラニウム鉱山を発見$100,000もらう」
   「石油が出た」

すごいですね。一体なんなんでしょうか?

   「株があがった」
   「叔父がブタ箱に入れられて、保釈金をはらう」

今の時代でこそ一般的かもしれませんが、
これも、当時の日本の一般庶民の感性じゃないですよね。

   「貧しい人に$1,000寄付」
   「ミイラのコレクションを博物館に預けた」

これはアメリカらしいというのかなぁ
ちなみにコレクションを預けると$1,000とられます

極めつけは

   「火星から使者が来た」

うーん
なぜだか知りませんが、この使者にごちそうして$5,00はらうのですね。
わけわかりません。
もしかしたらアメリカンジョークなのかもしれませんが・・・。


まぁ37生はこのゲームで、架空のアメリカ人の人生を追体験したということでしょう。


ゲームでは自動車型のコマを使い、結婚、出産、火事、事故、お祝い、しかえし、などなど、波瀾万丈の出来事が繰り広げられます。
使われる株券とか生命保険、そしてドル紙幣などが、なかなかリアルだったのも、雰囲気を盛り上げてましたね。

そして運命の決算日がやってきます。

人生ゲームのコマーシャル、覚えてますか?
「億万長者になるか?貧乏農場にいくか?」

はい。決算日に借金を返せなかったり、優勝の目がないなと思ったプレーヤーは、起死回生の大勝負に出るのですね。
ルーレットを回して指定した数が出ないと、そのまま破産して貧乏農場送りとなるのです。
でもここで勝つと優勝も夢ではないと・・・。

いやー、いかにもアメリカですね。
今までの努力は何だったんだ的な、見事なラストです。

ちなみに貧乏農場ですが、あまりにインパクトの強いネーミングに、農家の方から苦情が出て、このあと「ゴーストタウン」に変更になります。
さらに極端にアメリカ的だった内容も、58/'83年発売の「3代目人生ゲーム」にいたって、ようやく日本独自の内容に改められたのだそうです。

今日に至るまで1000万セットを売り上げたという、オバケゲーム。
今になって思うと、意外とリアルな側面もあるのかも・・・・。
まだまだ楽しませてくれそうですね。




これは最新版、最近はこんなことになってるらしい


・・・・・(終わり)・・・・・

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/07/12(木) 20:27:47|
  2. 流行り・遊び編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ボーリングとの遭遇

時は45/'70年
37生は8才、小学校2年生であります。
突然として日本にとあるブームが巻き起こります。
それが・・・・・・・・
ボーリングブーム。

♪律子さん 律子さん 中山律子さん

の、中山律子プロ
覚えていらっしゃいますか?
あれはシャンプーのコマーシャルでしたっけ?
ライバルに須田開代子プロなんてのもおりましたな、あと並木恵美子プロとか。

何でいきなりブームになったのかは謎ですが、彼女たち女子プロボーラーの影響力は大きかったんでしょうね、最初から男子は蚊帳の外みたいでしたから・・・。
(まぁミニスカートで投げる姿に、お父さんたちがドキドキしたという側面もあるのでしょう)

調べてみたら'69年に女子プロが結成されたばかりで、彼女たちは女子プロボーラーの一期生なんですね。(須田さんがライセンスNo1中山さんがNo2)
中山さんは当時27才、須田さんにいたっては30才を超えていたのだそうです。

rituko.jpg

こんな感じですね


さて、ブームが起きて、当時日本中にボーリング場が出来ました。
それも、私の住んでいた関東某県の地方都市ですら、二つも三つもあったのですね。
雨後の筍なんていいますが、本当に筍みたいに、あの屋上の巨大なボーリングピンが、にょきにょき林立したわけなんです。

なんと当時全国のボーリング場は、4000近くもあったといいます。
単純計算で各都道府県に100はあったことになりますから、そりゃぁ嫌でも目につきますね。
なんでも'70年終わりあたりに、スコアを自動計算する機械ができてから、ブームに拍車がかかったんだそうです。

そういえば、我が家がはじめてボーリングというものに出かけた時は、確かにスコアは手計算でしたね。
家族のだれも計算できないんで、ボーリング場の人がやってくれたのを、よーく覚えております。(計算が終わるまで勝敗が謎だったというのも、間抜けな話です)


ブームに乗って「美しきチャレンジャー」なんて番組も開始されました。(46/'71年)




おーこれこれ。モロボシダンがコーチ役なんだ


確か、例の大映ドラマ系のスポコンものだったと思いますが、あの頃同じようなドラマがたくさんあって、どうも内容は定かでありません。
ボーリングってドラマにするにはちと地味だからなぁ・・・でもお約束の魔球とか出てきたような気もします。



もっとも37生は、いくらブームでもレーンに通いつめるには、まだちょっと幼かった。

で、代わりにエポック社のパーフェクトボーリングや、もっと安い、プラスチックのボーリングゲームなんかで遊んでおりました。

pb.jpg

こんなのとか

21JTqc9UNtL._AA160_.jpg

こんなのですね


そうそうパーフェクトボーリングってのは、うちにもありましたねぇ。
ちなみに、貧乏だった我が家にあるってことは、それだけブームだったんだという証拠ですねぇ。どんだけーってやつです。
で、このゲーム。なかなかよく出来ていて、ボールがちゃんと手元に戻ってきたりします。
人形も結構リアルで好きだったなぁ。

それと中山さん、ここにも当然のごとく登場してまして、たしか中山律子のボーリング教室(完全うろ覚え)みたいな冊子がはいってました。



その後ボーリングバブルは、石油ショックとともにはじけ、郊外のボーリング場は、あっという間にショッピングセンターやゲームセンターなんかになってしまうのでありました。
人気の沸騰もすごかったっが、引くのも速かったわけです。

ボーリングが、その後も小ブームと、停滞を繰り返し、今日に至っているのはご存知の通り。
中山プロはまだ現役で、主に後進の指導にあたっておられるとか、須田プロは既に鬼籍に入られております。

ちょっと前までは、あの巨大な屋上のボーリングピンだけが、さびしく残っていたりするのを目撃したものですが、最近それも無くなりましたね。
37生的には、またちょっと昭和が遠のいて、ちょっと寂しい思いなのでした。

・・・・・(終わり)・・・・・

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/07/04(水) 09:08:21|
  2. 流行り・遊び編
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人

ひこてる

ひこてる

昭和37年4月25日生まれ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

名作シネマ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。