昭和37年ブログ

昭和37年生の、昭和37年生による、昭和37年生のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

石立鉄男はいつアフロになったのか

ちょっと時間が経ちましたが、37生の脳裏に強烈な印象を残した俳優、石立鉄男さんが亡くなりました。
まだまだ若い印象があったのですが、64歳・・・いや、やっぱり若いですよね。
そこで当ブログ流の追悼記事を・・・

石立鉄男といえば「チー坊」
条件反射で出てくるくらい、「パパと呼ばないで」(47/'72年)での演技が有名ですが、
彼は70年代を通して(もちろんそれ以降も)、数々の作品で強烈なインパクトを残した名優でした。

石立が37生の記憶の中に登場するのは、
「パパと呼ばないで」の前、彼の事実上の出世作であった、45/'70年の放送の「おくさまは18歳」ですね。
岡崎友紀が大ブレイクして、国民的アイドルになった作品です。

この作品で石立は、自分の高校の生徒と秘密で結婚している教師という、真面目に考えたらドロドロの役で出てきますが、
ドラマの内容はまさにラブコメ。
彼はハンサムで、女生徒達にモテモテという、あり得ない設定なのですね。(でも演技は思いっきり三枚目ですが)
で、なんと同僚の全然もてない海沼先生の役が、若き日の寺尾聰だったという、驚くべきキャスティングでした。

しかしこれは面白かった。脇にうつみ宮土理や、冨士眞奈美など、なかなかのメンバーを取り揃えて、現在に至るまで、シチュエーションコメディーの傑作として語り継がれています。

しかしこの時の主役はあくまで岡崎友紀であって、石立が主役を張るようになるには、まだ少し間があります。
で、その後「おくさま」のTBSから、日テレに移ってとったのが、「石立ドラマ」といわれる一連の作品ですね。

「おひかえあそばせ」 (46/'71年)
「気になる嫁さん」 (46/'71年)
「パパと呼ばないで」 (47/'72年)
「雑居時代」 (48/'73年)
「水もれ甲介」 (49/'74年)
「おふくろさん」 (50/'75年)
「気まぐれ天使」 (51/'76年)
「気まぐれ本格派」 (52/'77年)


このうち「雑居時代」は、「おひかえあそばせ」のリメークで、ともに女ばかりの姉妹の中に、石立が同居することになる、というコメディ。
なので記憶が混同している37生も多いかと思います。

ドラマとしては「雑居時代」の方がヒットしたんじゃないかな?
ちなみに杉田かおるが前作「パパと呼ばないで」から引き続き出演していて、石立と初対面のシーンでは、
石立が「君、お米屋さんの二階に住んでなかった?」という、楽屋落ちみたいな台詞を発していました。

「気になる嫁さん」では亡くなってしまった弟の婚約者、榊原るみに心を寄せる兄の役。
この手の同居もの、多いんですねぇ。

榊原るみ、かわいかったです。
石立鉄男には、共演者の魅力を引き出す力があったようで、前述の岡崎友紀、杉田かおる。榊原るみ、そして無名ですが、「気まぐれ天使」で共演した坪田直子(樹木希林の孫、渚役)など、魅力的な女優との競演が多いですね。
追悼記事などをみてみると、演技には厳しい方だったようですね。


ところで石立鉄男といえば、アフロヘアです。

しかし、今回いろいろ調べてみましたら、彼は決して最初からアフロだったわけではありません。
「おくさまは18歳」の時は当初ただの長髪でしたし、その後もだんだんカールがかかっていますが、アフロというにはちょっと弱い。

そこで時代をおって彼の髪型を検証してみました。




おくさまは18歳
小さいけどわかりますか?ただの長髪ですね。ちなみにその右が寺尾聰





気になる嫁さん
だいぶカールがかかってきました





パパと呼ばないで
かなりアフロっぽくなります





気まぐれ天使
ここでアフロになる
ちなみにマドンナは酒井和歌子





少女に何が起こったか
おなじみの顔になる・・・


画像が小さいのですが、わかっていただけたでしょうか?
最後のはずいぶん後の作品ですが、この石立ドラマを通して、彼はどんどんむさ苦しい三枚目のキャラクターを確立していったようです。
で。むさ苦しくなるとともにアフロになったと、まぁそういう結論ですね。


あまりにむさ苦しく、濃いキャラクターなので、やがてだんだん時代とのずれを生じ
その後は脇に回ることが多かった石立鉄男。

それでも、「少女に何が起こったのか」「スチュワーデス物語」そして「わかめラーメン」のCMなど、時々出てきては、いい味出してました。
晩年は麻雀三昧の破天荒な人生だったようです。

強烈なキャラクターと存在感。37生はあなたを忘れません。
合掌

・・・・・(終わり)・・・・・
スポンサーサイト

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/06/18(月) 09:12:09|
  2. あの日の出来事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

半ズボンの日々

今回のお題は半ズボン。
ハーフパンツじゃないですよ、半ズボン、
昭和の男の子のユニフォームです。

さて先日、ドラえもんのキャラクターがリニューアルしたという(したんですよぉ)情報を聞いたとき、いよいよのび太君も半ズボンを捨てるのかと、大注目したのですよ。
でも・・・・捨てませんねぇ。
ジャイアンが長ズボンから、バミューダパンツになり、しずかちゃんが肩出したりしちゃってますが、ぴちぴちの半ズボンだけは死守している。




こちらは旧バージョン


これはサザエさんも一緒で、カツオや中島君はかたくなに半ズボンをはいているのですね。

やっぱりあれがないと昭和じゃない。そんでもって昭和じゃないとマンガの世界観が変わっちゃいますからね。
(でもスネ夫が携帯使うらしいぞ、最近のドラえもん・・・)

ところが現実に目を向けるならば、
半ズボン、あの股下2~3センチの「昭和の半ズボン」は既に絶滅してしまっています。
絶滅状態ではなく、絶滅なんですね
平成5年を境に店頭からもいっさい消えたといいます。

なんでもブリーフよりもトランクスをはく子供が増えたので、下着、というか下手すると◯◯が見えてしまう、半ズボンが敬遠なされたのだとか・・
やだよぉ、子供のくせにトランクスとかはくなよぉ

そもそも半ズボンが子供のファッションとして一般化したのは、1950年代、そんなに古いことではないのです(半世紀以上前だけど)
しかし普及は急激かつ、徹底的で、
特に70年前後から一世を風靡したデニム地の半ズボンは、小学生なら必ず持っていた必須アイテムでした。
当時ジーンズブームがあり、また丈夫で長持ちってところが、子供服の素材として最適だったのでしょう。

また「ケンちゃんシリーズ」をはじめ、あの頃のテレビに出ていた子供もみんな半ズボンをはいていましたし、
45/'70年には万博が開かれますが、ここを訪れた浩宮さまも、デニムの半ズボンだったのだとか。

そんなわけで、夏場はもちろん、都市部では冬のさなかでも、半ズボンの子供たちがうじゃうじゃおりました。(それは私です・・ちなみに真冬を半ズボンで過ごすと、足の皮が厚くなってすごいんですよ)

37生より上の世代では、中学に入っても半ズボンという人がいたらしいのですが、さすがに我々は、小学高学年あたりから徐々に長ズボンにシフトして行きます。
でも小学校の間は、はいてても別におかしくなかったよなぁ。
最後に半ズボンをはいたのがいつだったのか、思い出してみるのも面白いんじゃないでしょうか?
(ちなみにわたし、アルバムを見てみたら、5年の夏にははいてましたね)

どうもこんなに半ズボンが普及していたのは日本だけだったようで、
ヨーロッパではもう少し早く衰退し、アメリカではそもそも定着しなかったようです。
そういえば、当時の海外ドラマなんかに出てきた少年たちは、確かに長ズボンをはいていましたね。
何で日本だけ?という疑問に対する答えは見つかりませんでしたが、まぁ愛されたファッションであったことは間違いありません。

僕ら世代のの代表格、ケンちゃんこと宮脇健二が、シリーズの最後で中学生になり、
ついに半ズボンを卒業して、私たちはこのアイテムに永遠のさよならを言ったのでありました。


余談ながら(すまぬ)、この時期女の子たちがはいていたのは・・・吊りスカート。




ちびまる子ちゃんがはいてるやつですね。


当然ながら私ははいたことがないので何ともいえませんが、あれは吊ってないと落ちてくるものなんでしょうか?
昔から何となく気になっています。
漏れ伝わった話では、女性にとっては結構は着心地のいいアイテムらしいのですが。

こちらは半ズボンほど圧倒的ではありませんが、やはり女子の主流であり続けました。
また完全に絶滅することもなく、形を変えながら、今も存在しているようです。

ただし、37生におなじみの、サスペンダー部の巾が細くて、背中でバッテンになっているあのタイプは、なかなか見当たりませんねぇ。
そうそう「じゃりん子チエ」もはいてたなぁ。

とにかくおじさんとしては、子供のくせにブランドものの服なんか着てるんじゃないぞと、道行く小学生に説教したい今日この頃です。

・・・・・(終わり)・・・・・

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/06/11(月) 09:55:35|
  2. 37生の毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

図書室にGO! 3

図書室の話の番外編、小学校に入る前のことです。

私の通った幼稚園では、太っ腹なことに毎月絵本をくれました。
まぁ、費用は月謝から出ていたんだろうから、別に幼稚園をほめることはないんですが、
これがなかなか素晴らしかった。
今思うと福音館書店の「こどものとも」のシリーズで、毎月出していた絵本だったようです。
ひとつ下の弟も四つ下の妹も、同じ幼稚園に通っていたので、この時代の福音館絵本はあらかた読んでいたような気がします。

ちなみに、37生が年長さんの1年間(43/'68年4月から翌年3月まで)で発行されていたのは

たいへんたいへん
こちどりのおやこ
ぞうくんのさんぽ
ゆうちゃんのみきさーしゃ
だるまちゃんとかみなりちゃん
りゅうちゃんのあさ
いねになったてんにょ
二ほんのかきのき
とんがぴんがのぷれぜんと
ごろはちだいみょうじん
うさぎのいえ
はるかぜとぷう

と、なっています。

もちろんそれ以前に発行されたものも、幼稚園には(小学校の図書室にも)そろっていて、
しょっちゅう取り出しては眺めていたものです。
そんななかで私が特に覚えているのが、
「おおきなかぶ」と「かわ」

「おおきなかぶは」、小学校の国語の教科書にも載っていた名作で、覚えている37生も多いでしょう。うんとこしょ、どっこいしょっ、てやつですね。




「かわ」は川の源流から海にそそぐまで、ずーっと絵巻物みたいに続く絵本でした。






作者の加古里子さんは工業化学出身の変わり種で、それだけに、細かい描写には科学者らしいこだわりがあって、見ていて本当に楽しかった。
絵を楽しむ、という絵本の王道を行く作品でした。
どっちかというと男の子うけする世界かな。

それから
「ぐりとぐら」がありましたね。




これは大名作なんですが、
個人的には、大学の時一緒のクラスだった、やたらとごつい男が、じつは作者の中川李枝子さんの息子だということが発覚しまして、
もうそれを知った時には、えらく驚いたのでありました。
それと絵を描いたおおむらゆりこさんは、中川さんの妹さんなのですね。
母親とおばさんが作った絵本で育てられたってのは、贅沢な話です。

さらに小学校に入っても繰り返し眺めていたものとしては
「だるまちゃんとかみなりちゃん」
「ふしぎなえ」も忘れられません

「だるまちゃんとかみなりちゃん」は前出の加古里子さんの作
だるまちゃんが助けたかみなりちゃんの国に遊びに行くはなしなんですが、
このかみなり国? がものすごく素敵でした。
みんな角が生えているのがご愛嬌なんですが、ちょっとした未来都市みたいでわくわくしたものです。




「ふしぎなえ」は巨匠安野光雅の出世作かな
37生がだまし絵と出会った記念碑的作品でしょう。
こちらもとにかく魅力的な絵を飽くことなく眺めていたものです。




このシリーズは、幼稚園だけではなく、小学校の図書館にもたくさんあって
他にも
「スーホーの白い馬」とか「三びきのやぎのがらがらどん」








などなど
タイトルで思い出さなくても、絵を見ればわかるでしょ?
ビジュアルは深く37生の脳裏に刻まれているのです。

福音館だけではなく
「もじゃもじゃぺーター」とか「ちびくろサンボ」とか
魅力的な絵本は他の出版社からも多数でていました。




でも、おどろいたことに今回調べてみたら、私がもう一度見たいと思った本は、あらかた今でも出版されているのですね。
(「ちびくろサンボ」や「シナの五にんきょうだい」のように、時代の変化から一度絶版になり、出版社が変ったりしたものもありますが)

とにかく名作は記憶の中でも、そして現実世界でも生き残るものなのだと
ちょっと感心したのでした

・・・・・(終わり)・・・・・

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/06/05(火) 15:13:31|
  2. 学校生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人

ひこてる

ひこてる

昭和37年4月25日生まれ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

名作シネマ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。