昭和37年ブログ

昭和37年生の、昭和37年生による、昭和37年生のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

駄菓子屋ゲームの悦楽

この間都内某所を歩いていたら、おもちゃ屋さんの横の路地に、とても懐かしいものを見つけたんですよ。

それがこれ

carlace.jpg


今なかなかお目にかかれないですよねぇ
昔は駄菓子屋とか、おもちゃ屋の前には必ずおいてあったゲーム機。
今でいうとアーケードゲームってやつですね。

しかももう一機種

catchboll.jpg


何がびっくりしたかというと、これ、2台とも現役で稼働しているんです。
今でも時々昔からの店に行くと、裏手でほこりをかぶっているのに出くわすことはあるのですが、
さすがに現役は珍しい。

じっさい、この写真をとっている時も、子供がやってきてコインを投入していました。
いまだに小学生の心をつかんでいるんですかねぇ。

そう、ゲームセンターこそありませんでしたが、37生の頃のゲーム機のコンセプトは、今日に至るまで脈々と受け継がれています。

例えば、今は「ガシャポン」と呼ばれているあれ。
私らの子供の頃は「ガチャガチャ」と呼んでました。
ダイヤルに10円はさんで一周ガチャガチャ回すと、カプセル入りのおもちゃが出てくるやつですね。

ワンコインというコンセプトだけは残って、今や500円だったりしますが、とにかく発明した人は天才だと思います。

カプセルの中身はまぁ、いかにも10円だったんですが、時々なんか高そうなものが混じっていて、それが外から見えるってのがミソですね。
今度こそあれを出すぞというわけで、子供は小遣いを巻き上げられる仕掛けです。
ただ、そういう小賢しいことをやるようになったのは、もう少し後期になって、悪名たかき「コスモス」なんて会社が進出してきてからで、
最初のうちは純粋におもちゃ販売だったような気がします。

いずれにせよ、うちでは、あの手のものは絶対にやらせてくれなかったので(なにせ小学一年生にこづかい帳をつけさせる家でしたから)
いつも羨望のまなざしで見てたものです。おもちゃが欲しいというより、あのガチャガチャ回すのをやってみたいんだよなぁ・・・・。


それから現在のUFOキャッチャーの原型
クレーンゲームってのがありました。
これは本当にクレーン、記憶では色も工事用の黄色と黒だったような気がしますが(かなり怪しい)、それが丸い機械の中にドーンとあるわけです。
で、今みたいにクレーンが動くんじゃなくて、景品の方が円盤状の台の上を回っているという形状です。

タイミングを見てスイッチを押すと、クレーンがダダダーと下がってきてガバッとつかみ、そのまま上昇。
丸い排出穴が下に来たところで、もう一度スイッチを押して、同じ動きをさせて品物を落とす・・・というシステムだったと思います。

景品はお菓子。
でも構造上、円盤の上の、クレーンの軌道上のものしか取れないんですね。
高そうなお菓子はこの軌道から微妙にずれるところに置いてあって、永遠に取れないのでした。

こちらは0か100かの緊張感、腕を上げることで確率の良くなる達成感が決め手でしたね。

ところでこの機械
クレーンが降りてつかむという動きが、2回できるだけなので、一回目でつかみ損ねると、2回目は無駄になってしまいます。で、やけになってボタンを押すと、それでつかめちゃったりするんです。
そうすると、つかんだはいいが、そこで機械は止まってしまうわけで、10円しか持っていない子供は、地団駄踏んで悔しがるんですねぇ。

この構造的欠陥のおかげで、後からやってきて、労せずしてお菓子を手に入れた37生も多いわけですが、(あと、排出穴の縁に引っかかったのを、機械を揺らして落としたりとかね)
こういうことを「漁父の利」というのだと知ったのは、はるか後のことです。
いずれにせよおおらかな機械でありました。

37生における、いわゆるアーケードゲームは、今日思い出した「駄菓子屋系」と
もうひとつ忘れてはならない「デパートの屋上系」があるのですが、それについてはまた次回

・・・・・(つづく)・・・・・
スポンサーサイト
  1. 2007/02/27(火) 10:11:46|
  2. 37生の毎日
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

番組終わりの歌 2

さて、37生なつかしのマンガ、エンディングテーマの続きです。

前回はマンガのエンディングには、おもしろ系の曲が多かったという話でしたが、
実はこのおもしろ系に対して、もうひとつ別の流れとして、シリアス系というか、妙にカッコいい曲が流れていたこともあるのですね。

オープニングだと、どうしてもヒーロー、ヒロインの名前だとか、必殺技だとか歌い込まなければならないのですが、終わりの曲にはそれが無い。
そこで、大人も聞けるようないい曲を作ってしまったという、パターンです。

代表的なのは「タイガーマスク」(44/'69年)
オープニングはいきなり台詞で

虎だ。虎だ。お前は虎になるのだ!!(ミスターX。懐かしいなぁ)

などとあおっているのですが、
エンディングはいきなりしっとり、こんな曲でした。

♪ あたたかい人の情けも、胸をうつ熱い涙も
  知らないで育った僕は孤児(みなしご)さ。
  強ければそれでいいんだ。力さえあればいいんだ。
  ひねくれて星をにらんだ僕なのさ。
  あぁ、だけどそんな僕でも、あの子らは慕ってくれる。
  それだからみんなの幸せ祈るのさ。
  それだからみんなの幸せ祈るのさ。

これがまたメロディーがいいんだ。タイトルは「みなしごバラード」(えらいストレートだな)
主人公、伊達直人の哀愁爆発な曲でしたね。

同じ格闘技系「明日のジョー」(43/'70年)もよかった。

♪ ゆけ荒野を
  おいらボクサー
  夕日がギラギラ男の夢は
  みんなこの俺を情け無用という、月に吠えて一人 Wao
  宿無し、親なしの、名も無いボクサー
  鎖噛み切った Yey
  ゆけ荒野を
  おいらボクサー
  朝日が昇るよ男の胸に

途中、ボーカルがちょっと切れたみたいになるのが、子供心にわくわくしたものです。
(ヒデ夕木という方だそうで、日立の「この木何の木」の歌を歌っているんだって)

ところでこの歌、ジョーのことを歌ってるのかと思ったら、「力石徹のテーマ」なんですねぇ。
いやぁ知らなかったなぁ。




両雄そろい踏み


新しいところでは(といっても30年前だけど)「宇宙戦艦ヤマト」(49/'74年)の「真赤なスカーフ」があります。

♪ あの子が振っていた真っ赤なスカーフ
  誰のためだと思っているか
  誰のためでもいいじゃないか
  みんなその気でいればいい
  旅立つ男の胸には
  ロマンのかけらが欲しいのさ
  ラララララララ ラララララララ
  ラララ真赤なスカーフ


これはいささかキザ過ぎる感もありましたが、
ささきいさおの甘い声とよく合っていたものです。




おっとこれは999だ


なんか男の子向けの作品ばっかりですね。
つぎは女の子向けの名曲を

「エースをねらえ!」(48/'73年)「白いテニスコートで」

♪ 夕焼けのテニスコートで、折れたかわいそうなラケットを見たわ
  夜更けのテニスコートで、いつまでも泣いていた女の子を見たわ
  涙が書いたイニシャルは H・H・H・O
  燃え上がる恋も 燃え上がる明日も 
  白いテニスコートに 白いテニスコートに ああテニスコートに

途中から転調して妙に勇ましくなっちゃうのが玉に傷なんですがね^^
関係ありませんが、原作の山本鈴美香さんは、現在は新興宗教の教祖になってるらしいです。びっくりですな。




ボーカルの大杉久美子さんはドラえもんからアタックNo1まで歌ってます


では最後に、かなりマイナーですが、わたしがベストワンだと思うシリアスエンディングテーマをばご紹介いたしましょう・・
これは女の子向けの作品てでした。

「さすらいの太陽」(46/'71年)知ってますか?
非常に珍しい、歌手を目指す女の子の、恋愛あり、根性ありの物語です。
歌手といっても、フォークシンガーなので、劇中でも、トワ・エ・モアとか、当時のヒット曲が流れていたように記憶しているのですが、調べたら半年間しか放送していません。
あんまり人気無かったんですね。

で、このエンディングテーマ、彼女の持ち歌ということで、劇中歌としても使われていました。
タイトルは「心のうた」です。

♪ 歌はあなたの友達だから 悲しいときもあなたの味方
  わたしとあなたが手を取り合って 希望の歌をみんなの歌に
  みんなの歌が空いっぱいに いつか広がる明日を信じよう
  いつか広がる明日を信じよう




これがさすらいの太陽だ


もろ60年代フォーク、弾き語りの世界です。
これがいい曲なんです。知らない人にはわたしが歌って聞かせたいくらい・・(聞きたくないですよね)

・・・・・(終わり)・・・・・

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/02/16(金) 20:48:57|
  2. テレビ・ラジオ
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:11

番組終わりの歌 1

マンガの主題歌は数々あります。
37生ならきっと「巨人の星」の歌も「魔法使いサリー」の歌も歌えるはず。

じゃ「終わりの歌」はどうでしょう?

「終わりの歌」っていうのは、その名の通り、番組終わりにかかっていた曲ですね。
つまり「魔法使いサリー」(41/'66年)ならば
主題歌は

♪ マハリク マハリタ ヤンバラヤンヤンヤン・・・・

で、「終わりの歌」は・・・・・
あの名曲「魔法のマンボ」です

♪ 魔法のマンボ 魔法のマンボ 魔法の国はいいな (ハッ)

ってやつですね。
  
  魔法はみんな楽しいな 
  姿を消せばいたずらは、何でもかんでもやり放題
  呪文を唱えりゃパッパッパ
  やりたいことはし放題 怖いものなど何にも無いよ

結構ストレートです。

37生はマンガが終わると、この「終わりの歌」を聴きながら、番組の余韻に浸っていたのでした。
しかも、「終わりの歌」の後には予告編がある。
だから本編が終わっても、みんなちゃんと見ているわけです。
それでけっこう覚えてますよね。

人気アニメになると、放送途中で曲が差し替えになることもあって、
サリーちゃんには、ほかにもこんな「終わりの歌」もありました。

♪ 僕らはわんぱくトリオだぞ
  イタズラするのが大好きさ
  女の子なんかいじめちゃえ

すごい歌だね、今ならクレームものです。
これは、各キャラクターが歌い継ぎ形式の歌で、最後はサリーちゃんが

  お茶目でおてんばあわてもの
  時々センチになるけれど
  可愛いサリーは人気者

と歌って締めるのでした。




個人的にカブのところが好き


今思うに主題歌にくらべて、もう最後におまけでかける曲ですから、
お遊びの部分が多くて、結構自由に作ってたんじゃないでしょうか。

「ひみつアッコちゃん」(44/'69年)の終わりにかかった好き好きソングもすごかった

♪ アッコちゃん来るかと 団地の外れまで出てみたが
  アッコちゃん 来もせず 用もないのに納豆売りが
  ハー アーーー 納豆ぉー

  アッコちゃん来るかと 校庭のはずれまで出てみたが
  アッコちゃん来もせず 用もないのに校長先生が
  ハー アーーー 勉強やれ-

  早く来い アッコちゃん

大人が、マンガを見ると馬鹿になるといったのも、理解できる歌詞ですね。
しかし40年近くたってしまうと、なぜか主題歌よりこっちが有名なのでした。




すきすきソング、水森亜土が歌ってたって知ってました?


最近テレビのCMで、♪牛乳好き好き好き・・・って流れてますが、
あれも「悟空の大冒険」(42/'67年)というちょっとカルトな作品の「終わりの歌」の替え歌ですね。

本当は
♪ 学校が好き好き好き・・・という歌詞です

これもかなりハチャメチャな歌でした。
番組も相当ハチャメチャでしたが、ちょっと時代を先取りしすぎたのか、短期で打ち切られています。

  学校がすきすきすき 勉強すきすき お掃除すきすきすき 留守番すきすき
  そんなやつが悟空の大冒険を見てみたら、びっくりしてひっくり返って ほい
  てなことになってしまう かもね

「かもね」ですからね。しかし「かもね」って・・・。




番組自体知らないだろうなぁ


個人的に一番時代を象徴していると思うエンディング曲は、
「もーれつア太郎」(44/'69年)の「ニャロメの歌」ですかね

♪ いいたいことを言え
  心の底にしまうのなんて、今の世の中ダメ
  何でもかんでも吐き出せニャロメ

(台詞) ニャロメ 俺と結婚しろニャロメ 幸せにするニャロメ

なんじゃいこれ、であります。
でも、あの時代はこうだったのよ。




こいつが歌ってたのよ


さて、この「終わりの歌」そんなお遊び系ばかりだったのかといえば、そんなことはありません。
中には主題歌を食っちゃう名曲もありました。
それについてはまた次回
・・・・・(つづく)・・・・・

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/02/09(金) 09:24:56|
  2. テレビ・ラジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人

ひこてる

ひこてる

昭和37年4月25日生まれ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

名作シネマ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。