昭和37年ブログ

昭和37年生の、昭和37年生による、昭和37年生のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

マンガのくにとの再会

ようやく秋です。いかがお過ごしですか?

さて、今回の記事を書こうと思ったのは、とある映画のタイトルを聞いたからなんですね。
それが「ファンタスティック4」(しかもパート2だ)

なんのこっちゃと思ったあなたは、ほぼ正しい40代だと思うのですが、
ファンタスティック4というのは、別にファンタのコマーシャルではなくて(これも古い話だねぇ)
そういうタイトルのSF映画ですね。

で、タイトルを聞いただけではちっともわからないんですが、
新聞広告などで実際のビジュアルを見てみると、んっんっんっ・・・。



↑これだ

これはあんた「宇宙忍者ゴームズ」じゃないですか?

忘れもしない、37生の小学校時代を通して、
あの偉大なる東京ローカルテレビ局、東京12チャンネルでは、毎日夕方5時くらいから「マンガキッドボックス」とか「マンガのくに」などという番組を流しておりました。
(東海地方ではテレビ愛知でやってたらしいですな)

流れていたのは、アメリカのアニメ
ちょいマニアックになりますが、「ハンナバーベラ」とか「フィルメーション」なんていう会社が製作したものです。

「マイティハーキュリー」
「冒険少年シンドバッド」
「大魔王シャザーン」etc・・・

どうですか?懐かしいですねぇ。

で、「宇宙忍者ゴームズ」もその一本
「ファンタスティック4」ってのは英語の原題なんですね。

まぁなんでゴームズかと言えば、主人公の身体がゴムのように伸びるからで、もちろん日本語版だけの名前。
他にも身体が火だるまになるファイヤーボーイ、全身岩石のガンロックと、無茶なネーミングになっていました。
ほんとはそれぞれミスター・ファンタスティック、ヒューマン・トーチ、ザ・シング、というそうです。(こっちも結構無茶だな)

しかし、わたし前にも何度か同じような体験をしたことがあります。

5年ほど前の映画「スクービードゥ」



こいつは「弱虫クリッパー」ですね

映画版の「メガ子」ちゃんがあまりにそっくりなので感動した覚えがあります。
それにしてもこの犬、クリッパーじゃないの?


あとは「フリントストーン」



やはりそのまんま「原始家族フリントストーン」というタイトルで放送されてましたね。

あとこれは日本未公開なんですが、
「ドラドラ子猫とチャカチャカ娘」も「プッシーキャッツ」というタイトルで実写化されているんだそうです。

まぁ日本でゲゲゲの鬼太郎を実写化するようなものでしょうかねぇ(でもなんでウエンツ瑛士なんだ?)

それにしても「バットマン」や「スーパーマン」みたいにもとが実写だと(まぁおおもとはコミックだけど)、そんなに違和感はないんですが、
あの「マンガの国」でやってた15分アニメと、劇場版の実写の映画というのは、あまりに落差が大きくて、なんとも不思議な感じがします。



おぉブラック魔王だ。ケンケンだ。まだまだいろんなキャラクターがいるんですよ


個人的には前出のシャザーンや、「チキチキマシン猛レース」なんか実写化できないでしょうかねぇ?
今のCG技術を駆使すれば必ず出来ると踏んでるんですが、ハリウッドのプロデューサーさん、このブログを読んでいたら、アイディア買いませんか(妄想)

・・・・・(終わり)・・・・・
スポンサーサイト

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/10/05(金) 09:41:36|
  2. テレビ・ラジオ
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:23

太陽学園はどこにあった

♪空に燃えてる でっかい太陽 
 腕にかかえた 貴様と俺だ 
 バネもきいてら 血もわくさ 
 エイコラ ゴーゴー やっつけろ 年がら年中 傷だらけ 
 泥んこ苦行はなんのため 勝って帰らにゃ男じゃない

この歌ご存知ですよね?
夏木陽介主演「青春とはなんだ」に始まる「日テレの青春シリーズ」で、ずっと流れていた曲ですね。

このシリーズ、開始は40/'65年、37生が3才の時です。(モノクロでした)
その後、竜雷太の「これが青春だ」「でっかい青春」、さらに浜畑賢吉の「進め!青春」と、
43/68'年まで続いて、いったん終わります。

37生的には再放送で見たものも多いのですが、シリーズ中のいろいろな作品が、記憶の中でごっちゃになってる感じでしょうか。
年齢的に幼かったことと、内容が似たり寄ったりだったこともあって、まぁしかたないかもしれません。

で、その後4年ほどインターバルを置いて再開されたのが(47/'72年)
「飛び出せ!青春」そして「われら青春!」の太陽学園2部作であります。
こちらは37生の10才~12才の時の放送開始ですから、皆さんよーく覚えてますね。

さて、この2作品が他と一線を画するのは、共通した世界観があるということです。
つまり設定が一緒なんですよ。
舞台を某地方都市の、「太陽学園」という高校に定め、登場人物も重複します。

じつは冒頭の歌(「貴様と俺」といいます。同期の桜みたいだな)なんですが、
この2作では太陽学園の応援歌として繰り返し歌われています。
シリーズ8年間を通して使われてきたんですから、究極の使い回しですね。


まず「飛び出せ!青春」
先生役はいわずと知れた、ビギンこと村野武範。マドンナの本倉先生は酒井和歌子です。
それと太陽学園の面々ですが、
杉田校長(有島一郎)、江川教頭(穂積隆信)、塚本先生(柳生博)etcとなっております。
例の穂積隆信の「塚本君、塚本君っ」という台詞、なつかしいですねぇ。

ところでこの学園、校長の「来るものは拒まず」の方針で、全国の落ちこぼれが集まっているのです。
なんか-北星余市高校みたいなところでした。
そこで、ヤンキー先生ならぬ河野先生が、サッカー部の"不良"(最近聞かないなぁ)を相手に奮闘すると、そういう物語です。

ビギンというのはLet's begin.
河野先生のモットーなんですが、
第一回目で、彼はこの言葉を黒板に書いて自己紹介しています。(ただしだまされて、他校の教室でやってるんですが・・)
ちなみに最終回の最後の台詞も、レッツ、ビギンでしたね。


さてさて、その2年後、河野先生の大学の後輩、沖田先生(中村雅俊)が赴任してくるのが、「われら青春!」です。

こちらはラグビー部を作って奮闘します。
マドンナは杉田先生(島田陽子)、河野先生時代から2度留年した高校5年生、山本(穂積ペペ)なんてキャラクターもいました。
他にもラーメン屋の主人(名古屋章)、寮母のおばさん(菅井きん)なんかも、引き続きの出演です。

第14話では「飛び出せ」の生徒同士が結婚するというので(結婚するのは木次くん、森川正太だよ)
河野先生はじめ旧メンバーが勢揃いで出演という、すごい企画も・・・教頭先生が河野先生に「本倉先生元気?」と、冷やかす場面もあったなぁ・・・・確か。

沖田先生のモットーは「涙は心の汗だ」
主題歌「帰らざる日々のために」の一節でもありました。
中村雅俊は、自分でも歌を歌うので、「ふれあい」「青春貴族」なんかもこの番組から出たヒットですね。

ところでなんでもこの番組、最初は沖田先生役に中村雅俊ではなくて、松田優作が考えられていたのだとか。
なんかイメージ違うのですが、松田の沖田先生というのも見てみたかったものです。


さて表題の疑問です。
山あり海ありの「太陽学園」、一体どこにあったのでしょう?

答えは山梨(おい、海ないぞ)
日本大学明誠高校(山梨県上野原市)というところで撮影したそうです。
この事実、だいぶ学校の方でも意識していて、Let's Begin!は今年の生徒募集のキャッチフレーズになってます。

ちなみにライパルの県立東高は、神奈川県立川和高校だそうです。
こちらは県下でもなかなかの進学率を誇る名門みたいですよ。





ではちょっとくたびれた青春貴族たちよ、またお会いしましょう。

・・・・・(終わり)・・・・・

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/07/26(木) 09:09:14|
  2. テレビ・ラジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

少年ドラマの主題歌

前回は、「ぼくがぼくであること」で、一人盛り上がってしまった管理人であります。
しかしわたしだけではなく、あの不思議な主題歌は、いまだ多くの37生の心をつかんでいるようでですね。
その後調べたところによると、「南風」を歌った佐藤博さんの曲は
他にも「六年二組の春は…」(50/'75)の挿入歌として「たんぽぽのお酒」が使われているそうです。

さて、思えば、少年ドラマシリーズ、この手の知られざる名曲が多く使われておりました。

例えば「その町を消せ」(53/'78年、おぉ、もう高校生の頃だ)の主題歌「季節」

ドラマの内容は、残念ながらあんまり覚えていないのですが(石橋蓮司なんかが出てたらしい)、曲は何故だかそらで歌えるんですねぇ。

♪いつか見た絵の坂道は どこまで続いていたのだろう
 過ぎ去った日の思い出は 色のにじんだ風景画
 春を待ちわび 夏に出合い
 手をすり抜けて秋は旅立つ
 いつしか雪は降り積もり まどろみの中夢を見る

懐かしのトランザムの曲です(作詞:立原あゆむ、作曲:チト河内)
SFだった本編と何の関わりも持たない素敵な歌でありました。




この人たちです


さらに「七瀬ふたたび」(54/'79年)の
「風信子(ヒヤシンス)どこへ」

♪明日ををさがして歩く野辺の道
 季節はどこかへ忘れてきたの
 今日も晴れた空 明日の夢はないけど
 風だけを頼りに歩いていたい
 そうね風信子みたいに愛を知らない
 一人ぼっちの花よ幸せはどこかに
 見知らぬあなたの優しい言葉ほしくて
 今日もそっと待っている白い風信子

作詞作曲は深野義和です。

これはドラマを含めてよーく覚えてます。
筒井康隆の原作のファンだったので、けっこう気合いを入れてみてましたよ。

物語にはいろんな「エスパー」が出てくるんだけれど、
なかに未来予知できる青年がいて、それが自分でも何故だかわからずに、野っ原にやって来る。
そこに来る自分の姿を予知したからなんですね。
で、そこにエスパー撲滅を企む組織があらわれて、彼は殺されてしまう。
その時の台詞が「ぼくは殺されるためにここに来たんだ」なんですよ。

いいですねぇ、深いですねぇ。
(すみませんまた暴走気味で)

この頃はだいぶ大人になっていたんで、ドラマの演出なんかにも、それなりにツッコミを入れられるくらいの鑑賞眼は備えておりました。
若干演技が下手だったことは覚えてますけど、それでもちゃんと見られる作品だったような気がしています。

ところで演技といえばこのドラマ、主人公の火田七瀬を演じたのは、なんと多岐川裕美でしたねぇ。
今にして思うと、結構大物を起用しているのです。

調べてみると少年ドラマシリーズには

竹下景子 「けんかえれじい」('73)
うつみみどり、山田隆夫 「夕ばえ作戦」('74)
坂東八十助、杉田かおる 「快傑黒頭巾」('76)
石橋正次、高瀬春奈 「ぼくとマリの時間旅行」('80)
秋吉久美子、岸田今日子 「おとうと」('81)

などなど、なかなかのメンバーが出演しております。
しかし残念なことに、これら名優の若き日の演技も
当時のビデオがほとんど保存さらておらず(高価だったので、上から別のものを録画していたという、トホホな理由なんですが)、今となってはなかなか見ることが出来ません。




といいながら、いくつかは見ることが出来ます。
多くは一般人が家庭で録画した素材なのだとか


いずれにせよ、気軽に再放送されないのは、実に残念です。
・・・・・(終わり)・・・・・

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/05/09(水) 00:37:38|
  2. テレビ・ラジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

ぼくがぼくであること

少年ドラマシリーズ中の名作のひとつ「ほくがぼくてあること」は、47/'73年の9月17日の放送。
SFものとともにこのシリーズの両輪である、等身大の少年少女を描いた作品の一本ですね。

原作は児童文学者の山中恒(ひさし)
少年ドラマシリーズでも「6年2組の春は」他、全部で4本程作品を提供しています。
この方は、「あばれはっちゃく」「おれがあいつであいつがおれで」(映画転校生の原作)などなどの作者としても知られる、まぁこの分野の巨匠というわけですな。





出演は、有馬義人、高木 均、根岸明美etc・・
ちなみにヒロインの奈良岡江里さんは、ギバちゃんこと、柳葉敏郎の初恋の人なのだとか。

さて、物語は、通知表を親に見せられずに、思いがけず家出することになった少年の、一夏の冒険と、初恋みたいな・・・ちょっと胸キュンの(ああ死語だな)物語でした。
潜り込んだトラックで、過疎郡過疎村についてしまった主人公、
頑固者のじいさんと、孫娘の2人暮らしの家に居候することになるわけです。
翌朝、「牛小屋のそうじをしたことにしといてあげる」と、ちょっとお姉さん目線の孫娘の申し出にもかかわらず、何もしてないことを正直に話してしまう・・

個人的には、断片的に様々なシーンは浮かんでくるんですが、なかなか通しでストーリーを思い出せないのが、つらい。
出し抜けに劇画風のシーンが挿入されたり、いきなり画面にタイプ打の文字を出してちゃかしたり、けっこう斬新な演出だったんですがね。

で、何より特筆すべきは、この番組を知っている人は、みんなその主題歌を覚えているということなんです。

大名曲だったんですね。

 風が運んだ花のにおいに
 酔ってしまった僕なのさ
 すきとおる桃色の小さな耳に
 そっと噛みついてしまったのさ

 あの夏の日の午后から
 ぼくはずっと酔っぱらいぱなし
 いつも心臓がドキドキするし
 頬っぺたは真赤で恥ずかしい

詞・曲/佐藤博 「南風」という作品です。

実はこの曲、本来は上掲の2段の詞の間に

 抜けるような青空を映した
 あの娘の大きな瞳は
 僕の想いを吸いつけたまんま
 そっと瞼に閉じ込められた

という詞が入るんだそうです。
曲の真ん中をはしょったんですね。

いずれにせよ、昔のフォークの、ちょっと投げやりな歌い方で、もうこれがいいんですよ。
ここへいくと聞くことが出来ますから、皆さんも涙して下さい。
はい、本当に泣けます。

佐藤博さんは、他に同姓同名のミュージシャンもいて、ちょっと混同しやすいのですが、
今も昔も、知る人ぞ知るというか、まぁぶっちゃけマイナーなフォークシンガーです。
この曲のことを調べようとした、幾多の37生たちも、なかなかみつけられずに、ずいぶん苦労したようです。(今はネットのおかげで楽々^^)

オープニングでは、この曲をバックに、ヒロインが飛び跳ねている横顔の映像が流れるのですよ。
いいんだ、本当にいいんだ。・・・

ちょっと我を忘れてしまいそうなので、今回はここまで。
あと一回続きます。
・・・・・(つづく)・・・・・

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/04/26(木) 09:19:12|
  2. テレビ・ラジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:17

夕方のときめき、少年ドラマシリーズ

かつてNHKの名物番組に「少年ドラマシリーズ」というのがありました。
その名の通り、子供向けの10回以内の連続ドラマシリーズでした
基本は平日の夕方、週3回という変則放送で、
それも時々変更があったりするので、
何となく学校から帰ってくるとやっていた、という印象でしょうか。

けれども37生の脳裏には深く刻み込まれた番組なのです。

調べてみたら、最初は毎週土曜日
その後は月~水、さらに月~木、あるいは夏休み中とか、まぁ節操なく放送してました。

でも子供向けだと言って侮るなかれ、
初回は名作「タイムトラベラー」でした。
その後、原題の「時をかける少女」として何回もリメークされた、その最初の記念碑的作品です。
はじめてオンエアされたのは47/'72年の1月1日からですから、小学3年生の時ですね。

で、これに37生はヤラレちゃったわけです。
冒頭、城達也(ジェットストリーム^^)が不気味なナレーション。
何やら時間にまつわる怖い話をします。この段階でもう怖くてしょうがないんですが、
ドラマの内容はもっと怖い。
極めつけはあれ、タイムトラベルのシーンですね。
主人公が扉を開けると宇宙空間が広がっていて、別の時間に飛んでっちゃうのです。

今思えば、もしかして笑っちゃうようなシーンかもしれないのですが、
子供の僕らはもう恐ろしくてしばらくドアを開けられなかったものです。

「ラベンダーの香り」とか、「ケン・ソゴル」とか、でてくる単語が、いちいちものすごく印象深いですね。
ちなみに37生の間では、「時をかける少女」と言ったとき、この番組を思い出すか、原田知世の映画を思い出すかは、半々じゃないのでしょうか?
そういう意味でのボーダーラインの世代ですな、我々は。




いろんな女優が時をかけたのです。上段左がNHKの映像ですね


さて、このシリーズでは、様々のジャンルの作品が作られましたが、核となっていたのは、何といってもSFものでしょう。

「タイムトラベラー」の他にも「続タイムトラベラー」「夕ばえ作戦」「まぼろしのペンフレンド」
「なぞの転校生」「未来からの挑戦」などなど
原作者は眉村卓とか筒井康隆etc、小学校の図書館でお目にかかった名前です。こっちも別の意味でなつかしいなぁ。

男の子たちは、タイムトラベルとか、異次元世界、サイキック、エスパー、なんていう概念を思いっきり刷り込まれたものでした。

「謎の転校生」は次元ジプシーと呼ばれる、同時並行世界の住民が、この人間世界に移住してくる話。
「未来からの挑戦」は、荒廃してしまった未来から、現在を立て直しにくるという、逆ターミネーターみたいな話です。
設定としては、結構時代を先取りしていたのですね。決して子供だましじゃありません。

みんな最終的には、平和は大切なんだとか、個人の自由は何物にも代え難いなどなど、戦後民主主義の理想をおおらかに主張していましたね。

そういえば、たいがい主人公は中学生の男女で、登場人物?にほのかな思いを抱いた37生も多いんじゃないでしょうか?
実はこの、ほのかな青春路線、みたいなのも少年ドラマシリーズのもうひとつの魅力でして、それについてもぜひ語っておかなければなりますまい。
というわけで、また次回。





・・・・・(つづく)・・・・・

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/04/20(金) 09:35:23|
  2. テレビ・ラジオ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
次のページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人

ひこてる

ひこてる

昭和37年4月25日生まれ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

名作シネマ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。