昭和37年ブログ

昭和37年生の、昭和37年生による、昭和37年生のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

光化学スモッグの向こう側

なんか突発的に暑くなったりしますね。
確実に地球は温暖化しているわけですが、
ふと思い出したのが「光化学スモック」です。

1970年というから、37生は8才、小学2年生の時、
都内の学校で、生徒が集団で目や喉の痛みを訴え
40数人が病院に運ばれるという騒ぎになり、これで一躍全国に名を知られることになります。

工場や自動車の排気ガスなどに含まれる窒素酸化物や炭化水素(揮発性有機化合物)が日光に含まれる紫外線の影響で光化学反応をおこし、それにより生成する有害な光化学オキシダント(オゾンやアルデヒドなど)やエアロゾルが空中に停留しスモッグ状になることをいう。
(by wikipedia)

怖かったですねぇ、なにせ子供にしたら、なんか正体不明なガスでやられちゃうという話です。
比べるのは不謹慎かもしれませんが、後のサリン事件くらいのインパクトはあったかもしれません。

すぐに学校では、光化学スモッグが起こったら、あーしろ、こーしろというお話しになりまして、
対策らしきものがたてられることとなります。

・・・・わたしの小学校では、校庭に旗が上がるって言うんですね。
予報なら白色、注意報は黄色みたいな、
確か4パターンあって、一番重たいのが、重大警報とか言うやつで、これは紫の旗でした。

で、その説明が先生からあった翌日でしたか、
校庭のポールに旗が4種類全部上がってるじゃないですか。
おぉ、こいつは窓を閉めろ、カーテンも閉めろと、教室は大騒ぎでありました。
なぜか子供はこういう時、はしゃぎます。

まぁそのあと普通に校庭に出されて、
朝会で校長先生が、この旗が出たら云々・・とお話ししたというオチだったのですが、
鮮明に覚えている記憶ですな。

しかし、思えば小学校時代、あの旗を見たのは、それが最初で最後でした。

要するに私の住んでいたあたりは、まだまだ空気がきれいだったんですね。
そりゃ、ちょっと歩くと一面田んぼだったから・・・・。
そうそう、中学生くらいになると、時々予報の旗を見ましたが、普通に生活してましたねぇ。

調べてみたら、今ではこのシステム、だいたい予報、注意報、警報の3種類のようです。
多分あの紫の籏は、日本中で出番はなかったのでしょう。

光化学スモッグはその後急速に一般化し、日常になり、
しかも公害対策が功を奏して、発生じたいが少なくなります。

37生は公害慣れしていたのかもしれません。
2002年に千葉で警報が出たのが最後で、それも18年ぶりのことだったのだそうです。




こんなのもいたし(公害怪獣ヘドラ)


のど元すぎればなんとかですが、
今やノスタルジーすら漂う「光化学スモック」
もちろん、また会いたいとは思いません。

・・・・・(終わり)・・・・・
スポンサーサイト

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/09/19(水) 09:36:11|
  2. 37生の毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

カブトムシがやってきた

残暑お見舞い申し上げます。全国の37生の皆さん、いかがお過ごしですか?
世間では、とっくに学校の夏休みも終わったようですね。
子供の頃、私たちはクーラーもないのに、なぜあんなに元気だったのでしょう?
そして、あの頃の夏休みは、なぜあんなに長く充実していたのでしょう?
永遠に続くかと思われたほど、毎日様々の事件があったものですね。

さて、少々タイミングを逃した感がありますが、
わたしが夏になると思い出すのは、
学校の校門前にやってきた「カブトムシ売り」のおじさんです。

そんなの知らないって?
もちろん37生の時代には、まだまだ「いくらでもカブトムシのとれる地域」は実在しておりました。で、そこでは、自給自足で手に入るわけですから、当然そういう地域にカブトムシ売りはやって来ません。

しかし、中途半端な都会だった、わたしの地元には毎年来たんですねぇ。

木のミカン箱に金網を張った巨大な虫かご、
この中にあきれるくらいたくさんのカブトムシを入れて、学校の校門前あたりで売っておりました。

だいたい雄で300円ってところかなぁ。

毎年来たと言っても、時期はわりとピンポイントでして、そう小学校4年から6年くらいまですか。

それ以前には、そもそも虫を売るなどという概念が日本人の中になく、
それより後だと、カブトムシ事体を手に入れるがなかなか大変になって、うまみのある商売じゃなくなっちゃったのでしょうね。
いかにも怪しげな路上のカブトムシ売りはこなくなっちゃいます。

まぁ、いろいろ地域性はあるでしょうが、私の住んでたあたりではそんな経過でありました。


で、カブトムシです。
男の子はこれが欲しいのですよ。
漆黒の憎い奴、なぜだかカッコいいんです。
あと茶色がかった別名「赤カブト」なんてのもおりましたな。




それと不思議なことにクワガタムシは売りにこない。あくまでカブトムシなんですね。
(クワガタに魅力がないのか、それとも数が少ないのかしらん?)

わずか数年のことではありましたが、とにかくカブトムシ、飛ぶように売れておりました。


さて、例によって貧乏なので、この手のものは絶対買ってもらえなかったわたしですが、
ことカブトムシに関しては、裏技がありました。

みんな買ってもらったカブトムシを、水槽なんかで飼うわけですが、
当時の水槽は100%魚を買うためのものでして(当たり前だよね)、ふたなんか付いてないんですよ。
そこで、ふたの代わりに網戸のアミなんかをかぶせてあるわけです。

しかし、相手はカブトムシです。
キングオブ昆虫であります。
夜になって活動的になると、アミなんか簡単に突き破るのですよ。

実はわたし団地に住んでおりまして、シーズンになるとあっちの棟からも、こっちの棟からもどんどん逃げ出すのです。

それが光に集まって、朝方になると街灯の下に裏返っているわけ。
どこの街灯でもいいわけではなくて、ちょっとした穴場みたいなところがあったんですが、
まぁ、もう多いときは5匹も6匹もつかまえたものです。

わたしの少年時代の、数少ない輝かしい記憶ですな。

何年か前、デパートでカブトムシを売っているのを発見、
値段を見たら一桁違っておりました。感慨深いものがあります。
今回はちょっとマイナーな話題でした。みんなおぼえているかな?

・・・・・(終わり)・・・・・

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/09/10(月) 17:37:13|
  2. 37生の毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

ブルーワーカーと日ペンの美子ちゃん

「女性は私のことを“貧弱な坊や”と馬鹿にした」
「私はブルワーカーを始めることにした」
「効果は短期間で現れ、満足できるものであった」
「今ではだれでもが私を立派なたくましい男性としてみてくれる」

はい、覚えていますか? この台詞

伝説の健康器具、通販のベストセラー、ブルーワーカーの雑誌広告。
37生が中学生くらいの時、
あらゆる男の子向けの雑誌に乗っていた、あの1ページの広告マンガですね。

b1.jpg

これだ


ミスターユニバースだかなんだとか、(ベタな金髪美女を従えた)怪しげなマッチョ外人の写真を掲げまして、
彼の経験談というかたちで、アメリカンな絵柄で描かれておりました。

b2.gif

うーん、いかがわしい


まぁ、少々安っぽいこのマンガに、全国の「貧弱な坊や」たちは
ドキドキしちゃったんですね。

実際これをもってた友達たくさんいたものねぇ。
わたしも、そんな友達の一人から、現物を見せてもらったことがありますが、
なかなかホネのある機械でした。
油圧かなんかで、筋肉に負荷をかけるわけなんですが、いろいろな使い方があって、これひとつで身体の各部位を鍛えられるという、便利な機械です。
たしか負荷の加減も変えられて、ビリーズブートキャンプも真っ青なエクササイズが可能でありました。。

何しろ「ブルーワーカー」(「肉体労働者」くらいの意味かな)ですからね。
真面目にやれば、効果は出たみたいです。

でも考えてみれば、真面目にやれば、腕立て伏せでも、腹筋でも、効果の出るのは一緒なわけで、
件の友達も、ムキムキにはならなかったなぁ。
いったい何台のブルーワーカーが、貧弱な坊やたちの部屋で、ほこりをかぶっていたのか、今となっては検証のしようもありません。




今でも売ってます


ところで同時期、(正確にはもっと長期間ですが)、同じように雑誌広告の1ページマンガで、一世を風靡した伝説の商品がありましたね。

こちらは女の子向け。
そして、ブルーワーカーのマンガと違って、毎回ストーリーも充実しておりました。
そう、もうおわかりですね
「ボールペン字講座」・・・・「日ペンの美子ちゃん」です。




彼女ですね


掲載時期は47/'72年~、つい10年ほど前まで続いていたそうです。
4代に渡って描き続けられていましたが、37生に一番なじみのあるのはやはり、'84年まで続いた初代でしょう。

作者は画・矢吹れい子/案・飯塚よし照というコンビで
たいがいの悩みをペン字で解決してしまうという、偉大なるマンネリでした。
バインダー式の教材とか、ペン字検定1級の合格者の4割が日ペン出身だとか、1ページの中でよくぞと思うくらい繰り返しておりましたね。

社長秘書やスチュワーデスになってみたり、3代目(まつもとみな作)あたりでは、ライバルが出てきたり(ワープロのマイコだって)、いろいろ変化を付ける工夫もあって、
やはり長く続くものはクオリティーが高いようです。

もう一度読んでみたい方はここで見ることが出来ますよぉ

ところで美子ちゃんの方は、その知名度の高さに対して、ボールペン字講座をやっていたという人を知りません。

あれだけあちこちに広告を出していたのだから、もう少しいても良さそうなものだけれど、みんな隠れてやっていたのかしらん。
広告の対費用効果は明らかにブルーワーカーの方が上だったんじゃないかと思います。
どなたかペン字講座の内容、知っている方がいたら教えて下さいね。


37生の子供の時分は、あの手の広告マンガってたくさんあった気がしますが、記憶に残っているのはこのふたつだけですね。ブルーワーカーはインパクト、美子ちゃんは内容の勝利かな。

ちなみに最近、美子ちゃんの最近5代目が誕生して、復活とのことです。
まだまだ楽しませてくれそうです。
・・・・・(終わり)・・・・・

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/08/10(金) 09:08:59|
  2. 37生の毎日
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:8

半ズボンの日々

今回のお題は半ズボン。
ハーフパンツじゃないですよ、半ズボン、
昭和の男の子のユニフォームです。

さて先日、ドラえもんのキャラクターがリニューアルしたという(したんですよぉ)情報を聞いたとき、いよいよのび太君も半ズボンを捨てるのかと、大注目したのですよ。
でも・・・・捨てませんねぇ。
ジャイアンが長ズボンから、バミューダパンツになり、しずかちゃんが肩出したりしちゃってますが、ぴちぴちの半ズボンだけは死守している。




こちらは旧バージョン


これはサザエさんも一緒で、カツオや中島君はかたくなに半ズボンをはいているのですね。

やっぱりあれがないと昭和じゃない。そんでもって昭和じゃないとマンガの世界観が変わっちゃいますからね。
(でもスネ夫が携帯使うらしいぞ、最近のドラえもん・・・)

ところが現実に目を向けるならば、
半ズボン、あの股下2~3センチの「昭和の半ズボン」は既に絶滅してしまっています。
絶滅状態ではなく、絶滅なんですね
平成5年を境に店頭からもいっさい消えたといいます。

なんでもブリーフよりもトランクスをはく子供が増えたので、下着、というか下手すると◯◯が見えてしまう、半ズボンが敬遠なされたのだとか・・
やだよぉ、子供のくせにトランクスとかはくなよぉ

そもそも半ズボンが子供のファッションとして一般化したのは、1950年代、そんなに古いことではないのです(半世紀以上前だけど)
しかし普及は急激かつ、徹底的で、
特に70年前後から一世を風靡したデニム地の半ズボンは、小学生なら必ず持っていた必須アイテムでした。
当時ジーンズブームがあり、また丈夫で長持ちってところが、子供服の素材として最適だったのでしょう。

また「ケンちゃんシリーズ」をはじめ、あの頃のテレビに出ていた子供もみんな半ズボンをはいていましたし、
45/'70年には万博が開かれますが、ここを訪れた浩宮さまも、デニムの半ズボンだったのだとか。

そんなわけで、夏場はもちろん、都市部では冬のさなかでも、半ズボンの子供たちがうじゃうじゃおりました。(それは私です・・ちなみに真冬を半ズボンで過ごすと、足の皮が厚くなってすごいんですよ)

37生より上の世代では、中学に入っても半ズボンという人がいたらしいのですが、さすがに我々は、小学高学年あたりから徐々に長ズボンにシフトして行きます。
でも小学校の間は、はいてても別におかしくなかったよなぁ。
最後に半ズボンをはいたのがいつだったのか、思い出してみるのも面白いんじゃないでしょうか?
(ちなみにわたし、アルバムを見てみたら、5年の夏にははいてましたね)

どうもこんなに半ズボンが普及していたのは日本だけだったようで、
ヨーロッパではもう少し早く衰退し、アメリカではそもそも定着しなかったようです。
そういえば、当時の海外ドラマなんかに出てきた少年たちは、確かに長ズボンをはいていましたね。
何で日本だけ?という疑問に対する答えは見つかりませんでしたが、まぁ愛されたファッションであったことは間違いありません。

僕ら世代のの代表格、ケンちゃんこと宮脇健二が、シリーズの最後で中学生になり、
ついに半ズボンを卒業して、私たちはこのアイテムに永遠のさよならを言ったのでありました。


余談ながら(すまぬ)、この時期女の子たちがはいていたのは・・・吊りスカート。




ちびまる子ちゃんがはいてるやつですね。


当然ながら私ははいたことがないので何ともいえませんが、あれは吊ってないと落ちてくるものなんでしょうか?
昔から何となく気になっています。
漏れ伝わった話では、女性にとっては結構は着心地のいいアイテムらしいのですが。

こちらは半ズボンほど圧倒的ではありませんが、やはり女子の主流であり続けました。
また完全に絶滅することもなく、形を変えながら、今も存在しているようです。

ただし、37生におなじみの、サスペンダー部の巾が細くて、背中でバッテンになっているあのタイプは、なかなか見当たりませんねぇ。
そうそう「じゃりん子チエ」もはいてたなぁ。

とにかくおじさんとしては、子供のくせにブランドものの服なんか着てるんじゃないぞと、道行く小学生に説教したい今日この頃です。

・・・・・(終わり)・・・・・

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/06/11(月) 09:55:35|
  2. 37生の毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

デパートゲームの快感

デパートの屋上
わくわくしましたね。
立ちこめる焼そばの匂い、そして意味もなくジュースが噴水状に吹き出ている販売機。
何やら楽しげな音楽が流れ、子供たちでごった返しておりました。
そしてここには、駄菓子屋ゲームと違って、もっと大掛かりな、わくわくするものがあったわけです。

例えばスマートボール
ピンボールじゃないですよ、ただボールをはじいて落ちてくるのを待つだけという、今考えるとなんともトホホなゲームです。
まぁ横にしたパチンコといった風情なんですが、それでもとても楽しかったですね。

a1.JPG.jpg

こんなやつですね


パチンコと違って垂直に落ちませんから、ボールの動きをひとつずつ、じっくり確認できるのがいいのです。
これには根強いファンがいて、今でも温泉場とかに行くと会うことが出来ます。
大阪には専門店もあるとか。
記憶ではもっと盤面が大きかった気がするんですが、多分わたしがちっちゃかったんですね。

おなじみのシューティング系のゲームもありました。
ただ、今みたいにデジタルじゃなくて、飛行機だの戦車だのの模型が本当に動いているやつです。
これをスコープで覗いて撃つのだけれど、むちゃくちゃリアルでしたね。
あたると炎が上がったりして、かっこ良かった。

昔テレビでこの手のゲームの開発話を見たことがあるのですが、
この炎とか煙、あるいは飛行機の下に流れる雲、そんなものを再現するのが、とても難しかったのだとか、
半透明のフィルムに後ろから光を当て、それを鏡に映して・・・といった仕組みだったのですが、すべてアナログで、あそこまでの臨場感をつくり出すとは、さすが日本の技術だと思いました。
今はまったく残っていないそうです。

あとはおなじみのゴーカート、あるいはお猿の電車(それは上野動物園だ)みたいな乗り物系ですね。
これは高かったので、なかなか乗せてもらえなかった。
毎度書いてますがうちは貧乏だったのです^^

代わりに乗せてもらえたのは、10円入れると1分ぐらい上下に動くやつ、あれなんというんだろう?
ウルトラマンの背中とか、バイクとかに乗って、ただただ揺られるんですな。
昔はデパートだけではなくて、そこら中に置いてあったものです。

不思議なもので、人がやってるのを見ると、すごくうらやましいんですが、自分が乗るとそんなに楽しくないんです。(そりゃただ揺られてるだけだもんね)

実は昔ベトナムに行ったら、同じようなものがたくさん並んでいたのに出くわしたのですが、これがウルトラマンじゃなくて、京劇に出てくる龍だか獅子だか、そんな感じのものがゴトゴト動いていて、ものすごく驚いたものです。

b11.jpg

b2.jpg

これはベトナムの遊具


b3.jpg

昭和は東南アジアにありですな


今やデパートの屋上はすっかり寂しくなって、ぽつんと置いてあるベンチにサラリーマンが昼寝なんて光景も珍しくないようです。(そのサラリーマンがまた37生だったりして・・)
もう一度スマートボールやりたいなぁ。

・・・・・(終わり)・・・・・

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/03/23(金) 09:12:58|
  2. 37生の毎日
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人

ひこてる

ひこてる

昭和37年4月25日生まれ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

名作シネマ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。