昭和37年ブログ

昭和37年生の、昭和37年生による、昭和37年生のためのブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

図書室にGO! 3

図書室の話の番外編、小学校に入る前のことです。

私の通った幼稚園では、太っ腹なことに毎月絵本をくれました。
まぁ、費用は月謝から出ていたんだろうから、別に幼稚園をほめることはないんですが、
これがなかなか素晴らしかった。
今思うと福音館書店の「こどものとも」のシリーズで、毎月出していた絵本だったようです。
ひとつ下の弟も四つ下の妹も、同じ幼稚園に通っていたので、この時代の福音館絵本はあらかた読んでいたような気がします。

ちなみに、37生が年長さんの1年間(43/'68年4月から翌年3月まで)で発行されていたのは

たいへんたいへん
こちどりのおやこ
ぞうくんのさんぽ
ゆうちゃんのみきさーしゃ
だるまちゃんとかみなりちゃん
りゅうちゃんのあさ
いねになったてんにょ
二ほんのかきのき
とんがぴんがのぷれぜんと
ごろはちだいみょうじん
うさぎのいえ
はるかぜとぷう

と、なっています。

もちろんそれ以前に発行されたものも、幼稚園には(小学校の図書室にも)そろっていて、
しょっちゅう取り出しては眺めていたものです。
そんななかで私が特に覚えているのが、
「おおきなかぶ」と「かわ」

「おおきなかぶは」、小学校の国語の教科書にも載っていた名作で、覚えている37生も多いでしょう。うんとこしょ、どっこいしょっ、てやつですね。




「かわ」は川の源流から海にそそぐまで、ずーっと絵巻物みたいに続く絵本でした。






作者の加古里子さんは工業化学出身の変わり種で、それだけに、細かい描写には科学者らしいこだわりがあって、見ていて本当に楽しかった。
絵を楽しむ、という絵本の王道を行く作品でした。
どっちかというと男の子うけする世界かな。

それから
「ぐりとぐら」がありましたね。




これは大名作なんですが、
個人的には、大学の時一緒のクラスだった、やたらとごつい男が、じつは作者の中川李枝子さんの息子だということが発覚しまして、
もうそれを知った時には、えらく驚いたのでありました。
それと絵を描いたおおむらゆりこさんは、中川さんの妹さんなのですね。
母親とおばさんが作った絵本で育てられたってのは、贅沢な話です。

さらに小学校に入っても繰り返し眺めていたものとしては
「だるまちゃんとかみなりちゃん」
「ふしぎなえ」も忘れられません

「だるまちゃんとかみなりちゃん」は前出の加古里子さんの作
だるまちゃんが助けたかみなりちゃんの国に遊びに行くはなしなんですが、
このかみなり国? がものすごく素敵でした。
みんな角が生えているのがご愛嬌なんですが、ちょっとした未来都市みたいでわくわくしたものです。




「ふしぎなえ」は巨匠安野光雅の出世作かな
37生がだまし絵と出会った記念碑的作品でしょう。
こちらもとにかく魅力的な絵を飽くことなく眺めていたものです。




このシリーズは、幼稚園だけではなく、小学校の図書館にもたくさんあって
他にも
「スーホーの白い馬」とか「三びきのやぎのがらがらどん」








などなど
タイトルで思い出さなくても、絵を見ればわかるでしょ?
ビジュアルは深く37生の脳裏に刻まれているのです。

福音館だけではなく
「もじゃもじゃぺーター」とか「ちびくろサンボ」とか
魅力的な絵本は他の出版社からも多数でていました。




でも、おどろいたことに今回調べてみたら、私がもう一度見たいと思った本は、あらかた今でも出版されているのですね。
(「ちびくろサンボ」や「シナの五にんきょうだい」のように、時代の変化から一度絶版になり、出版社が変ったりしたものもありますが)

とにかく名作は記憶の中でも、そして現実世界でも生き残るものなのだと
ちょっと感心したのでした

・・・・・(終わり)・・・・・
スポンサーサイト

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/06/05(火) 15:13:31|
  2. 学校生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

図書室にGO! 2

図書室探訪の続きです。

前記事にコメントをいただいて、裏表紙の図書カードで、好きな人の名前をさがした、みたいな、大変にベタで、美しい思い出が綴られていましたが、
なんと今はこの図書カードも存在しないのですよ。

理由は個人情報の保護なんだそうで・・・。
困った世の中だなぁ。

なので、ジブリ映画の「耳をすませば」のなかで、
ヒロインが、自分の読む本をすべて先に読んでしまっている同級生に、なぜか興味を引かれる・・・という設定は今ではあり得ないのです。
抜かったな宮崎駿・・・・。

さて、そーんなことはどーでもよかった、37生の時代。
私たちの心をとらえていたのはどんな本でありましょうか?

まずは外国文学

21.jpg


ケストナーです。
真ん中の「エミールと探偵たち」は代表作。
ほかに「ふたりのロッテ」「点子ちゃんとアントン」なんてのもありましたね。
(外人なのに点子ちゃんなんです、あっぱれな翻訳でした)

おっ、右端には「長くつ下のピッピ」(アストリッド・リンドグレーン)も写ってます。
このあたりの外国産の小説は、ちょっとしゃれた感じで、どっぷり昭和につかっていた37生にとって、いささか眩しくもありましたね。

つづいてこんなのはどうでしょう

22.jpg


ファンタジーです。ナルニア国物語ですねぇ。
「指輪物語」「ゲド戦記」と並んで、世界3大ファンタジーなのだそうです。
最近映画化されて、胸ときめかした37生も多いのでは?

本の方は、なぜか背表紙の絵が非常に印象的で、記憶に残っております。
特に「馬と少年」の後ろ向きの馬の絵。
今回こうして見ると別にどうということはないのですが、
わたしが35年間も覚えているのだから、きっと何かあるのでしよう。
(うん、きっとそうだ、そうにちがいない)

しかし、このシリーズ、タイトルを見ただけではシリーズだってことがわかりませんね。
ナルニア国のナの時も出てきません。
読んだ子だけわかる、名作なのでありました。

どんどんいきましょう

23.jpg


あぁ、定番だなぁ
「宝島」「トム・ソーヤの冒険」、スティーブンソンにマーク・トゥエインだね。
少年冒険小説とでもいうのでしょうか
毛色は違うけど「シャーロック・ホームズ」(ドイル)「怪盗ルパン」(ルブラン)なんかもこの類です。
そういえば37生のなかには、「トム・ソーヤ」→「ルパン」→「少年探偵団」→「なぞの転校生」と進んで、最終的にオタクになっていく一群の少年たちが確実に存在しておりました。

今回「怪人二十面相」や、少年ドラマシリーズのネタ本になったような、SFシリーズは発見できなかったのですが、やっぱり今の子たちには古いのかな?
怪盗ルパンより怪傑ゾロリなのね。

はい次

24.jpg


女の子にはこれ。
いわずと知れた「赤毛のアン」(モンゴメリー)のシリーズ!!
一巻目はともかく、シリーズ全部読んだのは、いわゆる文学少女たちですね。
「若草物語」(オルコット)「小公女」「秘密の花園」(バーネット)なんかも、彼女たちはみんな読んでいたのありました。

そんな子はなぜか髪が長くて、寡黙で、図書委員か、学級委員をしておりました。
初恋のタエコちゃんは今どうしているだろうか(遠い目)

日本文学にも目を向けましょう

25.jpg


佐藤さとるの「コロボックルシリーズ」
個人的にものすごく好きな本でしたよ。
特に「だれも知らない小さな国」これはいいです。わたし、今でも時々読んでます。
これ、挿絵もいいんですよ、大名作です。

まぁとなりに写っている「火炎もぐらの術」ってのもえらく気になりますが・・・。

最後はこれ

26.jpg


「大きい1年生と小さな2年生」(古田足日)
なんでも、もう100版をこえているというからすごいですね。

この本も挿絵が好きだったなぁ。いわきちひろをもっとリアルにしたみたいな絵柄で、当時は結構いろいろなところで見かけたような気がします。

左隣は巨匠灰谷健次郎の「せんせいけらいになれ」
児童文学の名作「兎の眼」なんかを書いた人です。
でもわたしは読んだことない・・・ごめん。

いろいろ書いてきましたが、本については、世代的な記憶というより、かなり個人的な記憶になってきますよね。
んな訳で、今回はだいぶわたしの趣味でした(いつもか)

ここあげたものを読んだことがない方もいるかとは思いますが、Amazonなんかで検索すると、けっこう昔の本でも出てきたりします。
皆さんも思い出の一冊を検索してみてはいかがでしょう?

気が向いたら次回もう一度、絵本編をやります。

・・・・・(つづくかな?)・・・・・

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/05/24(木) 13:16:09|
  2. 学校生活
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:0

図書室にGO!

ゴールデンウィークは遠く過ぎ去り、今年もはや半ば、皆さんいかがお過ごしでしょうか?

さて、先日仕事の関係で小学校の図書室をのぞく機会があったのですよ。
最近の図書室はどうなっているのだろうと興味津々だったわけですが、これがまた予想に違わぬゴウジャスっぷりでした。
木製タイルの床に、何やらアーティスティックなソファが置いてあり、子供は寝転がりながらでも本が読める風情。うーん時代だねぇ。

で、置いてある本はといえば
「地球環境の秘密」とか「なぜ学校にいかなければならないの?」とか「有機野菜の話」などなど・・
おいおい、本当にここは小学校なのかと、若干頭を抱えたわけです。
一番人気は「かいけつゾロリ」だそうで、おじさんの付け入る隙は、まったくありません。




↑これね


しかし、まぁ、これはこれで楽しいのですが(たぶん)、
37生たちが胸ときめかした、あんな本やこんな本は、もうここには存在しないのでしょうか?

そもそも、名作というのは時代を超えて存在するはず。
むしろ逆に言えば、あの頃から変らずに図書室に存在している本があれば、それこそが名作の証なのではないかと思うのです。

「こうなれば、意地でも37生の懐かしの本を探してやるぞ」(心の叫び)

というわけで、俄然闘争心に火のついたわたし。
図書室の端から端まで探索したのですよ。

結果・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・
・・・・・・・・

発見しました!!

おじさんたちにもなじみの作品の数々です。かつての文学少年少女諸君、心してごらんあれ。



まずは定番から

siton.jpg

faburu.jpg


「シートン動物記」と「ファーブル昆虫記」です。

そうそう、これがありました。これは時代を超えますよね。

どっちかというと動物記の方が物語的で人気があったように思います。
「オオカミ王ロボ」とか「名犬ビンゴ」・・・・泣きましたねぇ。
個人的には背表紙の狐の顔が懐かしいです。

一方昆虫記はずっとマニアックな研究書の趣、
知名度のわりにあまり読まれていなかった印象です。
そんななかで、なぜかみんな読んでいたのは「フンコロガシの研究」かな。
インパクト強いもんね。

さて、動物関係ではこんな本もありました。

mukuhato.jpg


日本版シートン、椋鳩十

「むくはとじゅう」ですよ「ムクハトジュウ」
どこまでが名字なのか? 子供心に何というきてれつな名前だと思ったのを覚えていますね。
ちなみに、代表作「大造じいさんとガン」は今も国語の教科書に載っているそうです。

ところでこれらの作品、どちらかというと男の子の世界ですよね。
というわけで男の子関連でもうひとつ

rekishi.jpg


これ読みませんでしたか?

男の子と言ったら歴史物でしょう。ご存知、学習マンガのハシリです。
もしかしたらあの頃はまだ、図書室においてもらうほどの市民権を得ていなかったかもしれないなぁ。
でも、わたしは小学校高学年くらいにむさぼり読んだ記憶があります。

ちょっと手に取って中身を確認してみたら、マンガは完全に改訂されていて、ストーリーも絵柄も妙に今っぽくなっていました。
ですから、正確には37生の読んだものとは違うのですが、背表紙の雰囲気はまったく変わっていません。
今の子供にも結構読まれているみたいでしたよ。

さて、ここまではほんのウォーミングアップ。
今回の図書室探訪、まだまだ隠し球があります。
次回は女の子も楽しめる、感涙の文学シリーズが・・・・・刮目して待て。

・・・・・(つづく)・・・・・

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/05/17(木) 09:31:15|
  2. 学校生活
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

学級新聞のおもひで2

前回は手書きの壁新聞の話だったけれど、
もう少し大人になると、ガリ版というのがありましたね。

gariban-sw.jpg

なつかしいねぇ


あの茶色でペラペラの原紙をヤスリの板の上にのっけて、鉄筆でかりかりやるんです。
これはこども心に難しくも、楽しい作業でした。

今思うとおそろしく手間のかかる作業なんで、
こどもはあまりやらせてもらえなかった、というか、こどもの手には余る部分もあったのですが、
とにかく面白かった記憶があります。
間違えると、茶色の修正液で直すんですが、これが乾くのを待ちきれなかったですね。

80948421_1.JPG.jpg


これがその原紙


5年生くらいの時かなぁ、改良版のボールペン原紙というのが出てきて、これはずいぶん使いやすいものでした。
目の覚めるような青い原紙に、ボールペンで書くと白い文字が浮かび上がるという、それだけできれいな一品でしたね。

これはつかえるというので、何回か、まるまる原稿を書かせてもらった覚えが・・・
ただ、既存の原紙に比べて、線がシャープに出ない欠点はあったようです。
こちらの原紙は、期間的にすぐに消えてしまったので、ググってみても、あんまりネット上の言及がありませんね。

さて、そうして作った原稿は、なんと一枚一枚、紙を取り替えながら、ローラーで刷ってたんですよねぇ
感覚としては、まったくプリントゴッコだよね。

コピー機だの、プリンターだのを知ってしまった身には、到底信じられない手間のかかる世界です。

当然、手作業ですから汚れます。
ものすごく汚れます。
こどもがやると、回復不可能なくらい汚れます。
でもやらせてくれた、担任の先生、感謝してます。


小さいけどわかるんな?こんな世界でした


その後、たしか37生が中学の頃に、ガリ版を大量に印刷できる機械(手回しでぐるぐるやると連続印刷が出来る、優れもの)が現れ、

prod05.jpg

これ、知ってる人も減ったか


さらに高校の時には手書きの原稿を原紙に落とす機械が出て来て、徐々にローラーや鉄筆は姿を消していきます。

そして就職の頃には、あの名機リソグラフが出て、ガリ版は跡形も無くなってしまうのです。

今は生産もしておらず、手に入れるには、ものすごく難儀するようです。
(それでも茶色のロウ原紙は手に入るのですが、ボールペン原紙にいたってははたして国内にどのくらい現存しているのかしらん)

しかし、アフリカなど発展途上国では、今もなお有効な機械として活躍しているそうですよ。

今こうやって、ブログなどやっているのも、あの頃の学級新聞の延長と言えなくもありません。
ガリ版同様37生も細く長く行きたいですね。
・・・・・(終わり)・・・・・

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/01/23(火) 10:09:09|
  2. 学校生活
  3. | トラックバック:1
  4. | コメント:7

学級新聞のおもひで

学級って懐かしい響きですね。
学級委員、学級文庫、学級花壇ってのもあったな。
で今回の話題は・・・

ある日「学級会」の時間に先生がいうわけですよ、
「さぁ、班ごとに分かれて!」
なんだなんだと思っていると
みんなに模造紙とマジックを配るんですな。
「まず名前から考えましょう・・・」

そう、これこそ、37生なら一度くらい作ったことある、「学級新聞」です。

shinbun.jpg

こりぁ違うだろ


小学生のやることだから、たいしたクオリティーになるわけもありませんが、
子供は素直ですから、先生にいわれるとホイホイがんばっちゃうわけです。

基本は手書きの壁新聞
間違えると、紙を貼って直したりしてね、
マジックは今と違ってポスカなんてありませんから、本当のマジックインキです。
あの?マークのついたやつですね。
下に何か敷かないと、机がカラフルになっちまうすぐれものです。




これね


それでこれが結構すぐに書けなくなるんですよ、黒とか赤とか・・。
色によって使用頻度が違うんで、たいがい紫と茶色だけ残るんだな。子供受けしない色だったんだろうか?

ちなみに、うちの担任の先生は裏技を知っていて、
書けなくなったマジックのペン先をねじると、瓶状の持ち手の部分に、なにやら怪しげな油を注いでました。
そうするとあら不思議、書けなかったマジックはたちまち蘇り、とてつもなくよく書けるようになるんですね。(でも色は5割引くらいで薄くなるんだけど)

ところで、模造紙は何で模造紙っていうか知ってますか?
調べてみたら、鳥の子紙(和紙の一種)に似せて作られたから「模造紙」なんだそうです。
で、愛媛辺りでは、模造紙ではなくて「鳥の子用紙」というのだとか、
さらには名古屋では「B紙」(B版サイズだかららしい)
山形では「大判紙」、新潟では「大洋紙」、富山では「雁皮」(がんぴ)、
九州では「広用紙」(ひろようし)とか「広幅用紙」とかいうらしい。

いやー奥が深いですね。皆さんはなんて呼んでましたか?

ちなみにここ面白いですよ

閑話休題。
もともと、新聞作りイベントは、遠足だの何だの行事が無い時に、
言葉は悪いけど「つなぎ」に繰り出されるものであります。

だから新聞を作るといっても、その時期、肝心の記事になるような出来事が無かったりするのですよ。

それに、まだまだ写真なんかも高価な時代、
適当にクラスの風景を撮って、べたべた貼る、といったありがちな手も使えません。
これは結構困りましたね。

しかたないので、「サザエさん」とか「フジ三太郎」なんてのを新聞から切り取って来て、そのまま貼ってみたりとか、あと、定番のアンケートなんかで、スペースを稼ぐのです。




こどもには面白くないマンガでしたねぇ


そうそう「朝日小学生新聞」みたいなのをとっているやつがいて、その記事をパクったりとか・・。
わたしは当時NHKでやっていた、「子供ニュース」って番組の内容をそのままもってきて、載せましたな。

で、出来上がった新聞は廊下なんかにだーっと貼られるわけです。
これはなかなか壮観でありました。
だけどね、みんな一号目はがんばって作るんですけど、後が続かないんですよ。
このあたりが小学生の小学生たる所以でして、
まぁ、一瞬の盛り上がりでしたね。

なんだか、意外といろんなことを思い出してしまいました。この話もう少し続きます。
・・・・・(つづく)・・・・・

テーマ:昭和文化 - ジャンル:サブカル

  1. 2007/01/19(金) 13:10:28|
  2. 学校生活
  3. | トラックバック:2
  4. | コメント:0
次のページ

カテゴリー

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

管理人

ひこてる

ひこてる

昭和37年4月25日生まれ

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

名作シネマ





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。